MX471B-Rは、計測データを車載用バスとして利用できるCANbus入出力モジュールです。4つの独立入力インタフェースにより、CANバス信号と他のモジュールで収集された物理量と同期して収集できます。

このモジュールはまたCCP、XCP-on-CANの受信が可能で、CAN信号を計測データの開始トリガとして使うことができます。この設定は馴染みのある、シンプルなディスクリプションファイルを使って行えます。

さらにこのモジュールにはゲートウェイとしての役割も果たすことができます。他のSomatXRモジュールで収集されたCAN信号を送信することもできます。これにより、既存の自動テストベンチに統合したり、CANベースのデータレコーダに統合することができます。

アプリケーション

  • 車載計測およびオフロードデータの収集(建設業、農業、林業)
  • インフラの静的な計測およびテスト(例:建造物)
  • 過酷な計測環境でのフィールド計測

特長

  • 過酷な計測環境での信頼性の高いデータ収集
  • 分散配置による配線の手間削減
  • センサ近くでのデジタル化により高い計測データ品質を確保

柔軟なモジュール構造、高い拡張性

SomatXRは他のデータ収集システムとあわせ利用できます(例:QuantumX)。またご利用環境やテスト要件にあわせて簡単にカスタマイズできます。通信インタフェースはEthernet TCP/IPで、IEEE 1588 (PTPv2)による同期が可能です。

プロフェッショナルなソフトウェアサポート

SomatXRシリーズには、パワフルなソフトウェアパッケージが用意、計測モジュールはすべてPCおよびソフトウェアにEthernet経由で接続できます。耐環境性に優れた堅牢なデータレコーダCX23-Rにより、PCを介さないスタンドアロンでのフィールドテストが行えます。データ収集が簡単で、クリアな表示やスマートな分析が実現します。

HBMshop 価格・納期の確認、クイック見積もりはこちらから
見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応