【新製品】食品/医薬品ウェイトチェッカー用デジタルロードセル FIT7A を発表 -高耐久で、毎秒3 回以上の高速高精度計量が可能(IP66)-

ドイツの計測器メーカーHBM はこの度、食品/医薬品ウェイトチェッカー用デジタルロードセル FIT7A を発売しました。仕分けや充填、包装用ウェイトチェッカーに組み込むことで、高速高精度なフルデジタル計量チェーンを構築します。

FIT7A は、精度、スピード、価格の面で同クラス製品を凌駕する革新性を備えています。最大目量は3~75kg、しかも毎秒3 回以上の高速計量を精度クラスC4 の精密さ(容量10kg モデルでは最大0.5g の誤差)で行います。一般に計量計重工程は生産性に影響を及ぼすボトルネックになることがあります。標準的なひずみゲージ式ロードセルの場合、計量スピードは毎分100 回程度ですが、FIT7A は最新デジタル技術により毎分180 回の計測が可能で、精度が低い場合はさらに高速化できます。これは生産速度の向上になり、製品単価あたりのコストが低減できます。筐体はレーザ溶接密閉構造によるステンレス製で、保護等級IP66 を達成しており、温度変動が激しいダイナミックな計量においても高い安定性と信頼性を確保します。引張や曲げなどにも強く、安全性向上のための過負荷防止機構が内蔵されています。液体やバルク材のボトリングや缶詰めなどには特に適しています。

電子天秤の領域に価格破壊をもたらすコストパフォーマンス:

製造ラインの充填管理、品質管理では高速で細やかな計量が必要です。中でも食品/医薬品業界の精度とスピードへの要求は厳しく通常のロードセルでは対応できません。例えば許容値が±1mg 程度しか許されない場合これは電子天秤の領域です。しかし許容値が100mg、10mg 程度であればデジタルロードセルFIT7A はむしろ最適な計量ソリューションとなります。しかもロードセルの特長である優れた耐食性、耐水性をもち、電子天秤では難しい洗浄が可能というメリットがあります。そして何よりも、FIT7A は電子天秤の領域に価格破壊をもたらすほどの優れたパフォーマンスを提供できます。

FIT7A 製品特長

  • 精度クラス C4
  • 最大目量40,000
  • OIML R60 試験成績書付(校正証明書オプションも準備中)
  • ゼロ点補整 (OIML R76)
  • 充填モード 4つのリミットスイッチ
  • トリガモード(外部トリガ・レベルトリガ
  • ダイナミック計量における自動スケーリング ステンレス製
  • 保護等級 IP66
  • 過負荷防止機構内蔵
  • PCソフトウェアによるパラメータ設定、
  • ダイナミック分析 計量環境にあわせて選べるオプション
  • アクセサリを多数用意

プレスリリース:【新製品】食品/医薬品ウェイトチェッカー用デジタルロードセル FIT7A を発表 -高耐久で、毎秒3 回以上の高速高精度計量が可能(IP66)-

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。