高出力ガスタービンの特性試験から薬品容器のキャップ開閉力に至るまで、トルクは幅広いアプリケーションで最も重要な計測値の1つです。高校の物理の授業で教えているように、トルクとは軸、支点、またはピボットを中心に物体を回転させるねじり力です。

すなわちトルクとはボルトやフライホイールなどの物体に作用する回転力の尺度です。例えば、ナットやボルトに接続されたレンチのハンドルを押したり引いたりすると、トルクが発生し、ナットやボルトが緩んだり締まったりします。しかしながら、正確なトルクの計測は簡単に説明できない点があります。この技術文書では、タービンエンジン試験の実例を使用してトルク計測における不確かさを低減する方法を説明します。

このアプリケーションは、大型タービン・エンジンを再利用するHBMの顧客の実例です。ここでは、ジェットエンジンを、ディーゼル燃料か天然ガスのどちらかで運転するための改造です。この改造エンジンは、海上石油掘削プラットホームや未開拓地など、送電線を利用できない遠隔地での発電に使用されます。

ご希望内容

タービンエンジン試験でトルク計測の不確かさを低減する

ご利用には登録が必要です。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。