風力タービンを構成する重要部品の状態監視

風力タービンは、繰り返し極端な機械負荷を受けます。状態監視システム(CMS)は、風力タービン各部(ローターブレード、駆動装置、インバータなど)の安定性、長寿命、最適設計を保証します。これにより復旧に高額な費用が必要となる致命的な障害を予防し、大幅な節約を可能にします。

ギアボックスの故障は、風力タービンのダウンタイムの大きな部分を占めています。そのため、この部分の信頼性を向上させることが重要です。また、駆動系の効率も重要なので、信頼性と効率の両方を改善するツールとして計測値を使用することができます。監視機能を使用して、コンポーネントの状態を常時把握することにより、潜在的な故障を事前に検出して故障を予防し、結果的に、コンポーネントの寿命を延ばす効果がえられます

HBMは、風力発電機の部品テストと監視を行うために、精密なセンサと計測器を組み合わせた状態監視システム (CMS)を提供しています。熟練エンジニアで構成される認定チームが現場での設置サポートを提供します。さらに、 Brüel & Kjaer Vibro (HBMとともにスペクトリス傘下)では、風力タービン用の恒久的で信頼性の高い状態監視ソリューションを提供しています。 

HBMの状態監視ソリューション

HBMの トルク力の計測 用テストベンチソリューション-メガニュートン (MNm) 容量の計測が可能で、トレーサビリティも確保

HBMの高精度 トルクセンサ- 最大5 MNに対応

電気式ひずみゲージ光学ひずみセンサデータ収集システム を組合せた疲労解析試験用ソリューション(ローターブレード、高電圧部品など)

EN61400-2:2008風力タービンに対応するインバータ認定用のハイエンドパワーアナライザ

風力エネルギー設備のあらゆる構成要素の疲労解析に、nCodeソフトウェア(プロフェッショナル・バージョン)

風車ブレード常時監視システム WindMETER:風力発電機のブレードを監視するために特別に設計された信頼性の高い光ファイバ式の監視ソリューション

HBMの優れたエンジニアリングとサービス

 
  • 業界のガイドラインに準拠
  • サービスとメンテナンスの計画を改善
  • 計画外のダウンタイムを回避してコストを最小化

  • 風力発電機の信頼性と効率の向上

  • 専門技術者の助けを借りて不確実性を排除

  • 新しいビジネスチャンスを創造

 

設計作業の理論に基づき検証


業界のガイドラインに準拠


風力タービン発電機(WTG)が長期にわたり利益を生みだせるライフサイクルを実現

HBMの実績

2003年、バルト海のFINOにCMS用のセンサを初めて設置して以来、HBMは主に北海にある数多くの大型風力発電プロジェクトに取り組んできました。ドイツ、フランス、スペイン、エストニア、米国、中国で風力発電に関する監視プロジェクトが実施されました。単純なひずみゲージのローターブレードやモノパイルへの設置から、チルトセンサ、加速度センサ、データ収集システムなどを含む複雑なCMSパッケージの立ち上げまで、HBMは幅広いサービスを提供しており、その長い実績から信頼できるパートナーとして世界中で評価を受けています。

「私たちは、この規模でのフィールド計測は初めての経験でした。なので、ひずみゲージが装置に正しく取り付けられていることを確認するために、HBMの専門家を招聘することにしました。HBMの作業は成功裏に終わりました。し、今回のこのプロジェクトのおかげで、計測技術の活用方法をについて、より良い深く理解できましたたと思います」とBromma Conquip社の開発エンジニア、Mats Idoff氏は語っています」

成功事例

個別ピッチ制御用の状態監視システムを風力発電機に設置
2MW発電機に状態監視計測システムを設置
荷重監視のためにブレードの外側に作られた溝に裸の光ファイバを設置

関連製品の情報

Get free consultancy! HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。