産業用インターネットの説明: 主要な用語とコンセプト

未来予測のための貴重な知識: ビッグデータ
貴重な知識: ビッグデータで将来予測 スマートフォーン、コンピュータ、ウェブサイト、センサ、およびマシンは、毎日の大量のデータを生んでいます。ビッグデータはこの巨大情報集積物の同義語です。企業は、今日、この情報をいろいろな目的に使用します。マーケティングや営業が先導して、自分達の知識をカスタム設計された製品に反映させます。ビッグデータは生産にも不可欠です。この例では、データは生産工程の最適化を助けます。そのうえ、この情報により、市場のニーズに応えながら生産を省資源化できます。 センサ、自律的なネットワーク・システム、CRMなどは、毎日に、大量のデータを提供しています。この情報はお金になります。情報により、企業は製品の生産性、品質、サービスを向上させることができます。ビッグデータのおかげで、生産はよりフレキシブルで効率的になります。例えば、予防保守では: 診断データに基づき、予防保守を行いシステムの稼働率を向上させます。これはコストを削減になります。市場情報は、販売計画の最適化を容易にします。最新の顧客ニーズを知り、将来のマーケットに合う製品の開発を推進できます。