自己最適化: 産業用IoTのバリューチェーン

いま製造業は新たな時代をむかえています: 製品寿命はかつてないほどに短くなり、競争の激化、多品種少量生産が行われ、生産工程も複雑化しています。このため、ますます柔軟で変更が迅速にできる生産システムと労働力が必要になっています。

同時に、品質と生産性は一貫して高い基準が求められます。機械とデジタルの世界が融合した世界こそがその解決策といえます。それは、企業内と企業間の両方で自律的にシステム化や最適化を行うスマート・バリューチェーンの世界を意味します。

バリューチェーンは市場の要求と技術革新の両方より、根本的な構造改革を迫られています。ネットワーク化されたスマート製造技術とデジタル技術を活用して、企業の水平統合と垂直統合に基づいたまったく新しい製造プロセスが必要になります。また将来すべての生産品はメモリ機能を持つことになるでしょう。これにより、企業内や企業間のデータ交換が容易になり、どんなビジネスプロセスでも社外調達できるため、新たなバリューチェーンが生まれます。

IIoT(産業用IoT)に接続されたバリューチェーンは、それ自身を制御し、システム化し、最適化します。その目的は常にコストの最適化、稼働率向上、リソースの有効利用にあります。これを可能にする3要素とは生産にかかわる全システムのネットワーク化、すべての製品とリソースに関するリアルタイムでの情報活用、またこれらのデータから最適なバリューチェーンの方向性を決定する能力です。

生産工程、製造ライン、およびリソースの制御に関する意思決定には、もはや人は介在せず、マシンが自分自身で最適な生産工程を決定します。つまり常時人の介入を必要としない自立的なシステムであり、人による制御が容易な生産を実現します。

利点は明確です: 製品、機械、およびロジスティクスに関して、システムはその履歴やステータス、およびタスク完了に必要な代替え案を常に用意しています。生産が一時停止しても、次の生産ステップの実行を判断できるのです。

関連情報