現実世界とサイバー空間をつなぐサイバーフィジカルシステム:産業用IoTを支えるシステム

サイバーフィジカルシステム(CPS)は、産業用IoT(IIoT)をつなぐシステム網です。それは現実空間(フィジカルスペース)と仮想空間(サイバースペース)を融合するシステムです。

複雑化する現実空間のシステムが、機能の最適化や効率化を目的にデジタル世界と通信するとき、必ずサイバーフィジカルシステム(CPS)が使われます。特にIIoTに関連した産業プロセスと生産制御(スマート工場)においてCPSはますます重要な役割を果たしています。CPSはまた、今日のエネルギー供給、交通制御、運転補助はじめとする多くの領域でも使用されています。

サイバーフィジカルシステムとは、インターネットを介したり直接接続することによりソフトウエアとエレクトロニクスを通信させ、一つのネットワークシステムとして機能させるものです。装置やシステム(いわゆるCPSを外部接続するアクチュエータ)を稼働させたり制御するセンサやコンポーネントを含みます。センサが取得・処理したデータは、実世界の機械やシステムをアクチュエータで直接制御するネットワークサービスに使用されます。これにより現実世界とサイバー空間が融合し、モノのインターネット(IoT)に発展させることが可能になります。

サイバーフィジカルシステムは、独立した生産システムを遠隔操作するインターネットベースのシステムに使用されています。CPSは、これ以外にも様々なアプリケーション分野に使用できます。 スマートグリッドに統合することで、安全性の向上や二酸化炭素排出量の抑制を可能にし、送電網や交通網も制御できるようになります。

関連情報...