TEDS: よくあるご質問(FAQ)

TEDS(Transducer Electronic Data Sheet:センサ電子データシート)技術に関するよくある質問と解答: 質問をクリックすると解答が表示されます。

計測チェーンの設定に必要なセンサの特性は、電子データシートの形でTEDSのメモリに記録されています。このデータシートはアンプによって読み取られます。すべてのデータがTEDSチップ内のテンプレートに記録されています。このテンプレートは、センサパラメータが記録されているデータテーブルとみなすことができます。アンプが情報を読むと速やかに計測チェーンが自動設定されます。

  • メーカー名、シリアル番号、などの情報以外に、最も重要な情報であるセンサ感度はもちろんTEDSに記憶されます。

  • テスト記録に記載された感度が、HBMのすべてのTEDS付きセンサに記憶されています。力ワッシャKMR と ひずみセンサSLB 以外は、一般にテスト成績書と共に納品されます。

  • 校正が要請された場合(例えばISO376規格に従って)、テスト成績書に記録された値の代わりにTEDSに任意の校正結果を記憶できます。

上書きできます。例えば、センサの感度(定格出力)は、再校正による新しいデータを上書きできます。

また、catmanソフトウェアを使用すると、センサデータベースの情報を容易にTEDSに上書きできます。

HBMアンプ(例えば、QuantumXかMGCplus)では、センサに書きこみできます。

いいえ、TEDSは多くのメーカーによって認められたIEEE1451.4規格に基づいています。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。