タービンエンジン試験でトルク計測の不確かさを低減する(全文を読む)

この再利用計画の一環として、正確なトルクデータを作成できるテストスタンドを構築して、設計変更に必要な情報の提供や燃焼効率の最適化を可能にしました。エンジン性能に関する正確なトルクデータの収集が、この改造の重要ポイントになります。この会社は長年、多数のジェットエンジンを発電機に変換してきましたが、最近になって、トルク計測の不確かさを最小にすることによりテスト精度を改良するために、インライン回転トルクセンサに切り替えることを決定しました。
テスト条件は、最大計測範囲で200 N・m、1 kN・m、2 kN・m、および130 kN・m のトルクセンサです。このため3個の小容量センサが、同じサイズのパッケージ上で、最大速度22,000rpmで使用されました。最大容量のトルクセンサは最速4,000rpmで使用されます。テストスタンドで使用するトルクセンサは、極めて高い耐久性と信頼性が必要です。これはテスト時間が数時間から数カ月におよぶ場合があるからです。各センサには、データ精度を確保するため2個の独立したトルク出力が備えており、一番目の出力がテスト中に故障しても、二番目の出力がバックアップとして機能するようになっています。

ご登録内容

2016年6月17日よりHBMのユーザ登録システムが更新されました。

システム更新に伴い、資料ダウンロードをご利用のすべての方にユーザ登録/再登録をお願いしております。