電気ノイズや電磁干渉が劣悪な環境でも、計測を安全・確実に行い、正確な結果を得たいとは思いませんか?

離れた距離であっても障害なく計測する方法としては、電気的に絶縁する方法があります。さらにグランドループを防止すれば測定精度はより上がります。光ファイバ絶縁を使った計測・通信システムは、電磁環境が悪い場所でも長い信号線の問題を解決する便利な方法です。

HBMのISOBE5600製品群は光ファイバ絶縁を組み込んだ送信システムであり、計測システムでもあります。どちらの製品も十分な安全性と大きなバンド幅そして測定精度を持っています。

ISOBE5600トランジェントレコーダ

光ファイバ絶縁式計測システム

認定や研究を目的とする計測では最高級の精度が求められます。ISOBE5600トランジェントレコーダの光ファイバ絶縁は、そのような高度の正確性を求められる用途に最適です。

ISOBE5600 トランジェントレコーダには、送信ユニットの他、ISOBE5600m受信ユニット、データ収集用組み込みメモリ、そしてPerception計測・分析ソフトが組みこまれています。送信機と受信機は光ケーブルで接続されており、送信機にはバッテリ駆動のISOBE5600t(高電圧)、または商用電源仕様の絶縁電源(1.8kV絶縁)付ISOBE5600tm(中電圧)を使うことが出来ます。

最大計測精度と高速データ分析

試験対象物の近くに置かれた送信機は、信号のA/D変換計測データの光ファイバ経由デジタル送信を行います。受信機内部のメモリとUSBインターフェースを統合する手法で、Perceptionを用いて評価をするPCにデジタル計測データは直接送られます。アナログの変換は必要ありません。これによって、信号のドリフト、ノイズ、電磁干渉などの計測の不確実性を減らすことが出来ます。このようにしてISOBE5600 トランジェントレコーダは最大限絶縁され、最高の精度になるのです。

大きなバンド幅

ISOBE5600トランジェントレコーダは±100 mVから± 50 Vまで9つの計測範囲を持っています。大きなバンド幅はアナログ出力ステージをなくすことで達成されています。25 MHzというバンド幅はDC信号電源周波数のアプリケ-ションだけでなく、スイッチング電源やモーター制御などの高クロックのアプリケーションまでカバーすることが出来ます。

設置 –  同一供給元で全ての計測チェーンを完結

すべての設定と全体パラメータ設定はPerception内部で行われます。最大4台の送信機を光ファイバーケーブルでISOBE5600m受信ユニットに接続することが出来ます。Perceptionは一台の受信機とのみ交信しますので、4つのチャンネルに1を出します。送信機、受信機そしてPerceptionソフトウエアのシステムの全ての構成部品が一つの供給元なので、お客様は計測チェーンすべてがシームレスに繋がった計測技術のメリットを受けることになります。

利点

  • 高精度
  • 1~4チャンネルのシステムでは優れた価格/性能比
  • 光ファイバ経由で安全・安心なデータ送信
  • 送信機はバッテリまたは商用電源どちらで可能
  • グラウンドループや長い信号線、不規則信号などの計測の問題を最小化
  • アナログ出力ステージ廃止による広いバンド幅
  • 絶縁とデータ収集を一つのシステムに統合
  • 同じメーカーによる計測装置

他の利点: ISOBE5600トランジェントレコーダはISOBE5600絶縁システムと同様の使い方ができます(例、純粋に送信機として使用可)。

SIGMA SIGMA100HVの代替

SIGMA100HVを高電圧衝撃試験(稲妻衝撃、スイッチング衝撃)にお使いですか?ISOBEトランジェントレコーダは高電圧用途に完璧なソリューションですので、SGMA100HVの代替には理想的です。

さらに、オプションのHV-IA (=high-voltage impulse analysis)Perceptionソフトウエアモジュールは高電圧向けに特別に作られています。

Perception: 高速データ収集用ソフトウェア

Perceptionは、高速計測データ取集用のモジュラー構造ソフトウェアパッケージで、どんな計測順序の要求もこなします。

見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応