高い稼働率を保証: 予防保守がコストのかかるダウンタイムを防止

技術がどれほど進歩しても、最高の信頼性を誇るマシンでさえ故障する可能性はあります。故障は経費増につながり、生産ラインの停止は大損害になりますが、予防保守によりこれらを防ぐことができます。システムが絶え間なく自己診断を行い、緊急を要する問題を直ちに報告し、適切な保守作業が行われれば、マシンは快調に稼働し続けます。最終的には、予防保守は総コストの低減につながるのです。

スマートファクトリーでは、人間、マシン、および製品が常に相互通信を行います。この情報のやりとりは、生産工程の効率化と自律的サプライチェーンをもたらします。さらに、生産停止も防止できます。例えば、自己診断後に生産システムが潜在的な問題を報告したとしましょう。この報告による診断データに基づいて、生産者(企業)は故障がいつどこで起こるかを予測できます。この段階で予防保守を行えば、故障は未然に防げます。

予防保守に使用される分析法やビッグデータを活用すると、生産システムの近未来の状態を予測しながら保守(メンテナンス)が行えるようになります。これは既存の保守方式を大きく改善します。予防保守によりコストのかかるダウンタイムが予防できます。

関連情報...