オンデマンド生産

近年企業は高度にカスタム化された製品を求める顧客の要求にますます焦点を合わせるようになっています。しかし既存のプロセスやシステムでは、こうしたカスタム化を効率的に行えません。顧客の需要主導による生産方式を採用するなど、新たな手法が必要です。それは顧客の要求に沿って、フレキシブルで費用対効果に優れた生産を行う方式です。

産業用モノのインターネット(IIOT) によって出された解は、顧客のニーズを満たす需要主導の生産方式です。製品のバリエーションを、単一の製造ラインを使用して高い費用対効果で生産できる方式です。その実態は、効率的で非常にフレキシブルな生産が行えるスマート・ファクトリーです。効率的な生産は人間・生産システム・製品の原材料のデータを相互に通信することにより可能になります。クラウドと原材料自身も、生産ラインと物流に対して、製品の特性や必要なリソース、重要な生産パラメータを提供します。これにより、少量多品種のカクタム製品であっても各構成部品が必要な時と場所に確実に配置され、柔軟かつ効率的に量産されます。

関連情報...