バッテリ試験:最大限の安全性を最高のパフォーマンスで

世界的なメガトレンドである車両、機械、ツールの電動化は、駆動装置、半導体、エネルギー保存、配線、インフラなどに関連した新製品に対して、莫大な需要を生み出しています。充電式のリチウムバッテリ、パワーパック、電源モジュールなどは、IEC規格とUL規格に適合する必要があり、製品または車に組み込んだ状態で全体の機能を確認する必要があります。

HBMのパワーアナライザとデータ収集システムは、テストラボや現場計測で大型バッテリやドライブトレイン全体から、高い信頼性で安全に計測データを収集できます。 

HBMの提供する高精度データ収集システムQuantumXシリーズGenesis High Speedシリーズ(GEN DAQ)によるeDriveテスティングを使えば、電圧、電流、温度の計測値を高品質に、また安全に収集できます。また多彩なモジュールを任意に組み合わせて、テスト要件にあわせたシステム拡張が可能です。ひずみ(光学式、電気式)、重量などの物理信号も同時に計測できるため、CAN / xCPなどのバス信号を利用して、バッテリ制御システム(BMS)や充電ステーションなどハイレベルな計測システムのサポートも可能です。

HBM データ収集システムの特長

信頼性・安全性

  • 高精度(耐ノイズ)
  • 完全に絶縁(CMRR)
  • 最高の安全性(耐接触、耐衝撃、耐火性コネクタ)
  • VDE規格対応

使いやすさ

  • 分散配置で省配線
  • Ethernet経由でどのPC へも接続可能
  • 操作性に優れたソフトウェア
  • Visual StudioとLabVIEW™ ドライバ
  • EtherCAT 経由でリアルタイム統合可能

モジュール構造で高い拡張性

  • 単一モジュールまたはシャーシシステム
  • 自在に拡張できるシステム
  • 必要なすべての入出力を使用可能
  • サンプルレートは、S/s ( 静的テスト)から数MS/s(動的テスト)の速度で使用

導入例

  • 電力およびエネルギー効率の分析
  • DC および AC インピーダンステスト
  • 耐久性や寿命解析(負荷サイクル、電力サイクル、充放電レート、自己放電、高速充電)のための長期間計測
  • 環境影響評価(温度)
  • 充電ステーションの試験
  • 電気駆動系に負荷をかけて行うドライブトレインシステム全体のシミュレーション(機能、電力、効率、レンジ、負荷過渡応答、回生ブレーキ試験)
  • 故障テスト(過負荷、短絡、過熱、機械的負荷、過熱、不良)
  • バッテリ管理システムテスト(過負荷保護)
  • 動的な負荷調査(電流リップル)
  • 電気インピーダンス・スペクトロスコピー

多様な入力をサポートするコンパクトDAQ:QuantumXシリーズ

数チャンネルから数百チャンネルの信号を100 kS/sで(全チャンネル)サンプリング可能 : データ収集システムQuantumXシリーズは自在にシステムを拡張できるモジュール構造です。テストラボでPCとつないたり、モバイル/現場計測にも利用することができます。計測データの分析。記録、デジタル出力や電流出力による負荷の制御もできます。すべての信号は同期をとって安全に収集できます。

  • 電圧範囲: 5~1500 V (トランジェント捕捉)
  • 電流範囲:数mA~数百Aレベル(電流センサ使用)
  • 温度:熱電対タイプ K 、J 、T 、E 、N(1000 V絶縁)
  • ひずみ、力、負荷(電気式または光学式ひずみゲージ使用)
  • CANバス信号

catmanソフトウェアはデータ収集だけでなく様々なデータ分析を可能にします。特定の負荷における電力や効率の分析も可能です。記録された生データは、汎用のデータ保存形式にてエクスポートできます(MAL、EXCEL、ASCII、MDF、他)。

高速サンプリングが必要ならGenesis High Speedシリーズ

プラグインボードによるモジュール構造をもつGenesis High Speedシリーズ。そのメインフレームは、リップル電流をスピーディに☑したり、任意のチャンネル数でのACインピーダンス試験を最大2MS / s、1kVの絶縁入力で実行できます。

  • 電圧範囲:mV ~ 1 kV
  • 電流範囲:数mA~数百Aレベル(電流センサ使用)
  • 温度:熱電対タイプ K 、J 、T 、E 、N (絶縁1000 V)
  • ひずみ、力、負荷(電気式ひずみゲージ使用)
  • CAN バス信号

Perceptionソフトウェア はダイナミックに変化する信号の処理とその電力計算用に開発された製品です。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。