トルクセンサをPROFINETベースのテストベンチに簡単統合!インターネット接続モジュールTIM-PN

(2016年11月15日) HBMはこの度、PROFINETベースのテストベンチにトルクセンサを簡単に統合できるインターネット接続モジュールTIM-PN を発売しました。4kHzのサイクルタイムをサポートし、高速でダイナミックなトルク計測アプリケーションに最適です。電動モータやエンジン、ポンプ、ギア、コンプレッサ用のテストベンチにおいて、自動化システムや制御システムに、トルクや回転速度信号をフィールドバス経由で伝送できます。

TIM-PNは、TMCデジタル出力 (Torque Measurement Communication) を有するT40シリーズのようなHBM製トルクセンサはもとより、周波数信号や回転速度データを提供する従来型トルクセンサにも使用でき、PROFINETに簡単に統合し、データの通信が行えます。必要なモジュール数を減らすことができ、システムの柔軟性が高まります。

TIM-PN PROFINET interface module with IRT functionality from HBM

Download image