エンジニアリング構造物の重要なデータをクラウド経由ですぐに入手

  • HBMはエンジニアリング構造物の構造ヘルスモニタリングの総合パッケージを提供
  • 総合パッケージ – コンセプト – インストール – オペレーション – クラウドベースのデータアクセス
  • エンジニアリング構造物の評価にとって重要なパラメータをすぐに入手

新しいクラウドベースの構造ヘルスモニタリング(SHM)パッケージが、試験と計測のエキスパートであるHBM Test and Measurement(HBM)から提供され、橋梁、トンネルなどの交通インフラストラクチャの構造ヘルスに関するデータに確実にアクセスできるようになります。インターネット経由でのデータ提供などの機能を含む構造ヘルスモニタリングの総合パッケージがあらかじめインストールされています。

構造ヘルスモニタリング(SHM)では、橋梁やトンネルなどの耐用年数にわたる長期間のエンジニアリング構造物の監視が必要となります。テストエンジニアは特性値から、エンジニアリング構造物の構造ヘルスや劣化の進行について深く分析することができます。オペレータは安全に関連する事態や想定外の負荷について、適切な対策を講じることができます。

HBMによるシステムの完全なインストール

構造ヘルスモニタリングパッケージでは、HBMの長年にわたる試験と計測に関するアプリケーションノウハウが活用されています。ユーザーは例えば、それぞれの計測作業に最適な技術(ひずみゲージと光ファイバ式のどちらかなど)を自由に選択できます。構造ヘルスモニタリングソリューションには利用料金モデル(月額など)も複数あるため、ユーザーは試験・計測機器に投資したり、試験・計測に関する知識を習得したりする必要は必ずしもありません。

エンジニアリング構造物の評価に関連する特性値へのアクセス

HBMのソリューションではエンジニアリング構造物の典型的なパラメータをWebベースのレポートから取得できるようになります。プロジェクトやお客様のニーズに応じて、「HBMクラウド」では固有振動数、減衰比、交通荷重、車軸荷重などのエンジニアリング構造物の評価に関連するパラメータのほか、傾きなどの静的パラメータ、屈曲の変化、機械的ストレス、制限値の超過にアクセスできます。

クラウドソリューションを利用すると、データの保存や解析のためにユーザーが独自のサーバをセットアップする必要はありません。Microsoft Azureプラットフォームでは、ヨーロッパ法での基準も含めて、データセキュリティの最も厳しい基準も確実に満たすことができます。

こちらをクリックしてHBMクラウドの最新のデモをご覧ください: http://demo.hbmcloud.com

HBM構造ヘルスモニタリングの全提供機能のインストールサービスは、西ヨーロッパと北ヨーロッパの各国でのみご利用いただけます。

関連情報

構造ヘルスモニタリング
光ファイバ式からひずみゲージ式まで、ハイブリッド計測も可能なHBMの構造ヘルスモニタリング関連ソリューション