再生可能エネルギーの割合が増えるにつれて、これらのエネルギー生産者は、クリティカルな運用状況において、高い信頼性と明確な運用を行う必要があります。対称成分を使用して、再生可能エネルギー生産の運転状況を査定・評価できます。この文献は、この方法の背後にある基本理論と最新鋭の計測システムの実際的な実装について説明します。

はじめに

エネルギー転換、すなわち再生可能エネルギーからの発電は、エネルギー供給業者、配電網事業者、システム製造業者にとって大きな課題となっています。いまだに成長している風力発電は電力供給に大きく貢献していますが、信頼性の高いエネルギー供給源となるためには、厳しい技術的要件をクリアしなければならないことを意味します。

風力タービンの開発において、製造業者は個々の部品を試験する際に多くの経験を積んできました。システムとしての風力タービンの開発試験や試運転はますます複雑になっています。その理由は、第1にシステム出力が絶えず増加していること、第2に技術認定ガイドラインがますます厳しくなっているためです。

風力および他の再生可能エネルギー・ドイツ連盟(FGW eV)の技術ガイドラインTR3 [4]に従って、フィールド試験またはシステム試験ベンチにおいて風力発電機の電気的特性を解明するには、効率的な数学分析ができる、高精度計測システムが必要です。本文献では、送電網への給電ポイントにおける風力タービンの挙動の記述と評価を目的とした数学的手法の提案とその説明を行います。

この文献を読む

 

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。