FS22DI光ファイバ式インテロゲータでのデータ収集レートと時刻同期の改善

  • 最大サンプリングレートは1000 S/s以下
  • NTPクロック同期を実現*
  • 動作温度範囲を[10 ºC~40 ºC]から[0 ºC~50 ºC]に拡大
  • 分解能と安定性を改善
  • 電力消費を若干削減
 * 制御用PC上で稼働するNTPサーバへの接続が必要

HBM FiberSensingはダイナミック計測用に、データ収集レートを改善した高分解能の産業用FS22 BraggMETER DIインテロゲータの最新版を開発しました。

  • 稼働時の実際のサンプリングレートは50 S/s、100 S/s、200 S/s、500 S/s、および最大1000 S/sです。
  • インテロゲータの内部処理ユニットにNTPプロトコルを統合することで時刻同期を改善しました。
  • 波長範囲100 nm以上、収集レート1000 S/sを実現した市販の数少ないインテロゲータです。

その他の特長

  •  最大8個の光学式チャンネルに接続されたすべてのセンサから同時に並行してデータを収集し、選択された収集レートや分解能から下がることはありません。
  • 長距離でロスの多いセンシングネットワークの厳しい要求に高ダイナミックレンジで応えます。
  • ハイブリッド計測ソリューションに統合: catman®ソフトウェアと互換性があるので、従来のHBMデバイスと共に1つのシステムに統合し、単一インタフェースで利用できます。各パラメータに最適な技術を選択することで生じる付随効果です。
  • 信頼性が実証されている連続レーザスキャンニング技術を使用しています。

適用範囲の拡大

  • FS22 DIインテロゲータの新しい高度な機能により、土木工学、地質工学、航空宇宙技術分野のプロジェクトのテスト・監視用途において適用範囲が拡大しています。
  • より高い収集レートを必要とする鉄道、自動車、風力産業における用途にも対応できるようになりました。

BraggMONITOR DIおよびcatman®ソフトウェアとの互換性

  • 産業用FS22 BraggMETER DIは無料のBraggMONITOR DIソフトウェアにより、1000 S/sの収集レートを提供します。
  • 1000 S/sの収集レートはBraggMONITOR DIバージョン1.6以上でサポートされます。
  • catman®ソフトウェアは、データ収集、データ処理、記録、データ保存、視覚化、および他の機器との統合においてさらなる可能性を提供します。
  • 1000 S/sの収集レートは、catman Easy、catman APバージョン5.0以上(Easy Optics Moduleを使用)でサポートされます。
FS22 Industrial BraggMETER DI
FS22 Industrial BraggMETER DI with 8 channels from HBM FiberSensing (standard and rack-mountable)