電力演算結果は、アナログ出力だけで満足ですか?

HBMのパワーアナライザeDriveは、CAN FDをはじめとする多彩なバスインタフェースを備え、既存のネットワークに簡単に統合でき、リアルタイムにモータやインバータの変化を捉えながら、電力等の演算結果を上位システムに転送できます。せっかく取得した電力演算データを、既存バスへ転送するために再度A/D変換する必要がなく、データ損失やノイズの不安が解消されるとともに、極めて実用状態に近い条件でのモータ効率/損失評価が可能になります。

さらにeDriveは、トランジェントな現象を確実にとらえるダイナミックレンジと高速サンプリングをもつ多チャンネルオシロスコープやデータレコーダとしても機能します。様々な機械信号と電気信号、またそれらの演算結果を高速処理し、安全確実に記録します。このeDriveの高精度な実測データを使えば、ポストプロセスでのシミュレーション精度は格段に向上します。

「演算結果も全部リアルタイム」- eDriveの特長

  • 1000Vの直接入力、トルクリプルや高調波成分も見える「マルチチャンネルオシロスコープ」です。
  • 多チャンネルながら高速サンプリングで電圧/電流/温度/トルク/回転角(位置)/回転数/CAN、また電力演算結果をリアルタイムで収集し可視化できるとともに、ネットワークを介して上位システムにそのまま転送できます。
  • リアルタイムでの可視化に加え、高速ストリーミングでこれらの精緻な計測データを保存でき、ポストプロセスでの高精度シミュレーションや解析をサポートします。

動画で見る!eDriveの特長ー「お客様の電動モータ・インバータ効率評価を革新」

「使い慣れたパワーメータの方が安心だから・・・」

多忙な試験計測エンジニアにとって、新装置の導入や操作習得にかかる時間は大きな課題です。「新たな装置の導入にかける時間がない」という思いがある一方、メカからパワエレへと要素技術が大きく変化する中、二つの領域を横断的にテストできるソリューションの重要性は強く認識されています。eDriveには5つの導入メリットがあります。注目すべきはその導入の容易さ。使い慣れたオシロスコープと同様の操作性で、追加プログラミングも必要なく、既存のシステムにそのままアドオンできます。

 パワーメータに替わる最高の切り札-「HBMのeDrive」

実績あるシステム-eDrive導入事例

モータ技術開発で著名なアシャッフェンブルク大学との強い協力関係で生まれたHBMのeDriveは世界でも利用が進み、多くの成功事例や技術白書が提供されています。その一例としてeDriveにより解決した計測課題キーワードをクリックしその効果をご確認ください。今後もeDriveはお客様の計測課題やご要望を受けて進化を続けます。

 「eDriveの魅力を語る」-アシャッフェンブルク大学-ユーザー様の声

ぜひeDriveをご評価ください

計測環境のご相談/評価デモ随時受付中

eDriveをお客様の計測環境で試してみませんか?WEBフォームからお申込みいただいた方にHBMロゴ入りマルチドライバーセットを進呈します。

eDriveご評価キャンペーン:HBMロゴ入りマルチドライバーセットを進呈

登録する

eDriveご評価キャンペーン

ご参加者のEメールアドレスをご入力ください。続いてご登録画面へと進みます。

eDrive関連技術資料