データレコーダGenesis HighSpeed とレゾルバを使用した回転角計測

レゾルバは、モータ制御アルゴリズムに必要なロータ角度位置を計測するために、同期モータドライブで常時使用されるセンサです。堅牢なため、レゾルバは、自動車や航空宇宙用途など機械的なストレスや振動にさらされる過酷な環境で一般的に使用されます。計測位置は、通常、信号復調器、電圧制御発振器、および追跡ループなどの複数のブロックを1つのチップに実装したレゾルバ/デジタル変換器によって取得されます。この文献は、追加のハードウェアを必要とせず、HBM Genesis HighSpeedデータレコーダの高速電圧取得チャンネル及び、レゾルバによってロータ角度位置を計測する方法について解説します。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。