A loading pin

ロードピンとは?

ロードピンは、ロードセルの一種で、ピボットピン、シャフト、クレビスピンなどの代わりに機械に取り付けられる形状になっています。ロードピンの中央に内蔵されたひずみゲージにより、ピンに加えられる力を計測します。

ロードピンの外周は、計測される力が加わる領域を規定する2つの溝があります。ロードピンは印加された負荷の合計に応じた信号を出力します。

ロードピンの長所

ロードピンは、さまざまなアプリケーションで負荷を計測する最も簡単で信頼性の高い製品の1つです。これは、ロードピンが非常に堅牢な設計になっており、海上を含む最も厳しい環境で動作している実績に基づいています。

ロードピンのセンサ部分はピンの中央ボア内に完全に収納され、水中でも正常に動作するように防水されています。

ロードピンは広範囲の定格負荷、寸法、形状で利用可能で、お客様が用途に適したロードピンを見つけやすくなっています。

ロードピンのアプリケーション

ロードピンは、石油、ガス、農業、化学、航空などのさまざまな産業で使用されています。

ロードピンは非常に多種多様な設計が可能で、さまざまなアプリケーションで使用できます。一般的な用途としてはクレーン、ウインチ、エレベータ、ホイストギアなどがあります。


HBMのロードピン

HBMは、ひずみゲージに基づいた計測とセンサの世界的リーダーであり、お客様のご要望に従い、幅広い種類のロードピンを供給しています。

標準的なロードピンの定格容量は0.25~100トンで、その精度は0.5%です。過負荷レベルは定格容量の150%であり、最終的な破壊負荷は定格容量の> 300%です。

ピンは温度補償されており、耐食性に優れたステンレス製です。ロードピンの構造は非常に堅牢でメンテナンスフリーなので、極限状態での使用に最適です。出力信号は、mV/V、4~20 mA、0~5 V DCです。

標準タイプに加えて、お客様の仕様に合わせたカスタムロードピンを製造しています。ロードピンの設計を完全にカスタマイズし、さらに、必要に応じて特殊な電気的接続も行えます。カスタムロードピンでは信号処理を行っています。また、追加オプションとして保護等級IP68と回転防止プレートを提供できます。

 ロードピンについての詳しい情報をご希望の場合は 、 HBMまで御連絡 ください。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。