橋梁構造物の新たな監視方法

このホワイトペーパーでは、米国が設計したプロジェクトについて説明します。米国陸軍工兵隊(USACE)は、破壊点まで応力をかけ橋梁甲板設計の耐久性を評価するために、橋梁セグメントに生じた構造変化を経時的に評価することを目的として実施されました。 

USACEは約37,000人の民間人と軍人を雇用し、130カ国以上で幅広いエンジニアリングサービスを提供しています。これにより、世界最大級の公共エンジニアリング、設計、建設管理機関となっています。USACEの技術者研究開発センター(ERDC)は、エンジニアリングと環境科学の科学、技術、専門知識を提供し、土木・軍事工学、地理空間科学、水資源、環境科学の両分野で驚異的な数の案件に取り組んでいます。

ERDCのGeotechnical and Structures LabのAirfields and Pavements支社は、ミシシッピ州ヴィックスバーグにあるERDCが運営する4つの研究所のうちの1つで、新しい材料や設計の研究開発を担当しています。電子工学技術者であるTommy Carr氏とTony Brogdon氏は、データ収集や計測システムを必要とするプロジェクトの計測支援を行っており、主任研究員(PI)やエンジニアが必要なデータを収集するために必要な計測器やセンサーシステムの設計や設定を支援します。Carr氏は次のように述べています。「彼らのために計装システムの設計を支援して、それを自ら操作するか、彼らの実験に必要なデータを収集するために他の誰かに操作のトレーニングを実施するかのいずれかを行います。」

以下でWEB登録して、残りのホワイトペーパーをダウンロードしてください。 

ご登録内容

すべての技術資料ダウンロードが可能

*** HBMshopのログインアカウントをお持ちの方は、同じ情報でログインできます