50 Nから50 KNまでの力に対応した使いやすく省スペースな測定チェーン

HBMの力センサC9CとU9Cには、恒久的に接続されたインライン計測アンプがご利用できるようになりました。この設計により、ハンダ付けや圧着の必要がなくなり、計測アンプを設定する必要がなくなるため、計測チェーンのセットアップが格段に簡単になりました。電流出力(4~20mA)と電圧出力(0~10V)のバージョンがありますので、既存のハードウェアを使用して作業を続けることができます。測定チェーンはユニットとして校正済みです。

 

新しい低ノイズのエレクトロニクスは、小型力センサに最適にマッチしています。センサと同様に、アンプモジュールも保護等級IP67の要件を満たしています。これにより、力変換器をインラインアンプと組み合わせて過酷な条件下で使用することが可能になりました。新しいアンプモジュールは、衝撃と振動に対する機械的なテストも行われており、センサと同様に高い要件を満たしています。力変換器のハウジングと電子機器のハウジングの両方が電気的に接続されているため、測定チェーン全体がファラデーケージ内で動作し、不利な条件でも信頼性の高い測定結果を得ることができます。計測チェーンは、HBMの社内実験室でEMC試験を受けています。

 

U9C、C9Cシリーズは特に高速な力測定に適しているため、新しいアンプモジュールは2kHzの定格帯域幅を誇ります。このアンプの精度クラス(0.15)は、小型力変換器(0.2)の精度クラスにも対応しています。計測チェーンは、DKDR3-3またはISO376規格に準拠したHBMの校正試験所で校正することができ、品質規格の要求事項や潜在的な監査への適合性を保証します。

 

電圧または電流出力信号が、それぞれの測定された力の出力であることを確認するには、付属のドキュメントを参照してください。次のステージのパラメータ化を容易にするために、測定チェーンの感度と2点スケーリングの設定に関する情報も記載されています。

各製品の詳細はこちら

https://www.hbm.com/en/3928/c9c-miniature-force-sensor-for-compressive-forces/
https://www.hbm.com/en/3926/u9c-miniature-force-sensor-for-tensile-and-compressive-forces/