TEDSによる試験・計測の改善

データ収集システムを初めで使用する場合は、まず設定を行います。感度、定格出力、立方フィッティングなどのセンサ特性を入力して、データ取得システムがセンサの電気出力信号に基づいて物理量を計算できるようにする必要があります。パラメータ入力時のエラーは重大な結果につながる可能性があり、入力は慎重に行う必要があります。

TEDS(トランスデューサ電子データシート)技術は、この問題に対するソリューションとなります。

TEDSとは?

TEDSは、計測用センサに組み込まれたセンサ固有の情報を記述する電子チップで、IEEE1451.4規格によって定義されています。IEEE1451は国際的に決められた標準であるため、TEDS技術を使用すると、異なるメーカーから供給されたセンサでも、同一の計測チェーンで組み合わせて使用することが可能です。  HBMは、TEDSを使用したセンサの自動識別方式と標準規格の開発に積極的に関わってきました。

TEDSチップ内のすべてのデータは、センサパラメータのテーブルであるテンプレートに格納されます。 電圧センサ、ブリッジセンサ(ひずみゲージ技術)、電流出力センサなど、さまざまな種類のセンサ用テンプレートが用意されています。

TEDSを搭載したセンサをTEDS対応のデータ収集システムに接続すると、PCにおけるプラグ&プレイのように、計測チェーンの設定が自動的に実行されます。この技術では手動設定によるタイピングエラー等の可能性はなくなり、設定時間が大幅に短縮されます。

これにより、センサ校正が頻繁に変わる場合や、大量のセンサが接続される場合でも、正確な計測が保証されます。

TEDSは、開発ラボでの試験計測、製造、工程監視などに使用できます。

 

HBMのTEDS

HBM製のほぼすべてのセンサにはオプションでTEDSが装備されており、HBMアンプとデータ収集システムはTEDS対応になっています。

ひずみゲージに基づくセンサと組み合わせたTEDSの電気的接続は、いずれの場合にも、センサをデータ収集システムに接続するために使用される既存のワイヤ6本を使用して行います。したがって、この回路構成によりTEDSセンサを2つの異なる状態に切り替えて使用します。"Read TEDS"に切り替えると、TEDS情報を読み込み、計測チェーンを設定することができます。「計測」に切り替えると、センサは通常のセンサのように動作し、計測を実行します。この技術の主な利点は、既存のケーブル構成をそのまま使用できることです。

また、TEDSとデータ収集システムを接続する回路に2本の追加配線を設けることも可能です。

HBMは、センサにTED機能を追加するTEDSモジュール、TEDS組み込み済みの新しいセンサ、TEDSを読み取るアンプなど、幅広いTEDSソリューションを提供しています。

HBMによるTEDSの詳細と、試験計測アプリケーションのサポート方法については、お気軽にお問い合わせください。