クラウド型データ収集ソフトウェア: 2クリックで計測結果を収集

  • EVIDASは、ラボやテストベンチで物理データを収集・分析することを目的としたクラウド型のソフトウェア
  • シンプルでわかりやすいワークフローで、作業時間を節約
  • 現在、Essentialエディションを提供中

EVIDAS(エヴィダス)は、最先端のテクノロジーとオープン・ソフトウェアインタフェースをベースにした、HBMの新たなデータ収集・分析ソフトウェアです。HBMクラウドに搭載されるEVIDASは、データ収集を極めて迅速かつスムーズに行えるようにします。

2クリックで計測結果を収集

直感的なユーザーインタフェースを採用しており、情報も直ちに表示されます。そのため、テストや計測タスクにおいて、すべてのデータ収集ステップを短時間で実行できます。インテリジェントセンサ(TEDS)を接続すれば、すぐに計測を開始できます。計測結果は、わずか2クリックで表示でき、プログラミングも不要です。

日本語版と中国語版も提供

TEDSとセンサデータベースのほかにも、EVIDASでは、革新的な2つの設定オプション(ダイアログを通じて個々のチャネルを設定するオプションと、チャネルテーブルで直接設定を行うオプション)が追加されています。EVIDASは、特定用途の要件を満たし、ユーザーの好みに応じて設定できる、最適なソリューションを提供します。つまり、英語、ドイツ語、フランス語、中国語、日本語の中からユーザーインタフェースが選択できるなど、ユーザーフレンドリーなワークフローが実現できるのです。

クラウドに初めて対応

HBMのEVIDASソフトウェアは、初めてクラウドに対応し、グローバルなデータアクセスが可能になりました。HBMクラウド基本パッケージでは、5 GBのメモリ空間が利用できます。データは、標準的な各種フォーマットで保存、エクスポートして、内容確認が行えます。

汎用的な用途

EVIDASソフトウェアの利用分野としては、テストベンチ、ラボでのデータ収集、コンポーネントテストなどが一般的です。本ソフトウェアのEssentialエディションは、2018年4月から提供されます。機能が継続的に拡張され、用途に応じて複数のエディションが提供される予定です。

データ収集ソフトウェア EVIDAS
簡単/確実にデータ収集&解析-クラウド型ソフトウェアEVIDAS