より速く結果を得る - 厳しい使用条件でも効率的なモバイルデータの取得

自動車およびモバイル機器の開発者は、開発時間を短縮し、同時に機械部品のますます複雑なテスト要件を満たす必要があるという課題に直面しています。最先端の測定アンプシステムは、モバイルテストで非常に厳しい条件であっても、より迅速かつ効率的な部品および車両テストをサポートします。しかし、計測アンプシステムを「効率化」するにはどうすればよいでしょうか?

迅速で信頼性の高い計測のために、次の要素が必要です:

  • 測定結果への高速アクセス

  • 少ないテスト装置を使用できるテクノロジ

  • GPSなどの外部データの埋め込み

  • ハードウェアと計測データの保護

  • さまざまなテスト要件にあわせてシステムを準備できるモジュール構造

計測結果への高速アクセス

高速データ解析は、モバイルデータ収集の鍵の1つです。データの収集から保存、分析までのプロセスは、さまざまな方法でスピードアップできます。ソフトウェアを投資したデータレコーダは、インタラクティブテストでオンサイトのデータの解析を可能にします。計測結果に応じて、テストをダイレクトに調整でき、テストを繰り返す必要があるかどうかを即座に判断することが容易になります。ユーザビリティ、可視化、分析オプション、およびデータを他のフォーマットに変換できる点も重要です。

さらに、WEBインタフェースを備えたデータレコーダを使用すると、場所に関係なく、計測データへの直接アクセスが容易になります。WEBインタフェースを介して通信する計測アンプシステムは、一石二鳥の効果をもたらします。またテストエンジニアはテスト中にサイトに常駐する必要がないため、時間を節約できます。さらにチーム全体が同時にデータにアクセスし、共同でテストデータを処理できます。過酷な環境でテストを実行する場合にこの機能は特に便利です。 Webインタフェースは、長期的なテスト実施にも適しています。

WEBインタフェースは、通常、サーバ側(すなわち、アンプシステム)に設けられる。これにより、アンプのWebサーバ上のインターネット、イントラネット、またはローカルネットワークを介したアクセスが可能になります。したがって、OSに関係なく、計測ソフトウェアにアクセスすることができます。さらに、すべての一般的なWebブラウザで実行されるため、社内のIT部門がシステムを統合する必要はありません。

 

センサをすばやく接続

セットアップが簡単に行えればテスト効率向上に役立ちます。例えばトランスデューサ電子データシート(TEDS)、センサデータベース、またはオフラインパラメータ化機能を使用することによって可能です。これらの技術はすべて、センサ接続の時間を短縮し、ユーザが短い時間で計測準備を完了できるようにし、結果的にセットアップ時間を最小限に抑えることに寄与します。項目別に効果を示します。

TEDS(トランスデューサ電子データシート)

TEDSチップを搭載したセンサとトランスデューサを使用する場合、数秒でアンプに接続できます。すべてのセンサの特性とパラメータは電子データシートに保存され、アンプで即座に取得することができます。測定はゼロバランスの直後に開始することができます。

センサデータベース

多くのユーザは、センサデータベースを操作します。使用されているすべてのセンサーとそれらの特性を含む包括的なデータベースです。迅速なパラメータ設定を可能にし、測定のための即時準備ができるように、センサデータベースはHBMのcatmanなどの計測ソフトウェアに迅速にインポートできます。

オフラインパラメータ化

オフラインパラメータ化方法は、アンプが進行中のテストで占有されている間にも、次のテストセットアップを準備することができます。アンプを実際に使用せず次のテストを設定できます。オフラインパラメータ化にはさまざまな方法があります。 1つ目はエミュレータを使用する方です。この場合、ハードウェアは標準計測ソフトウェアを使用してエミュレートされます。次にMicrosoft Excelで特別な形式を使う方法があります。これは、主にデータベースが使用する場合に有効ですべてのテスト関連情報が異なるデータベースからExcelファイルにアップロードされてインポートされ、その後に計測が開始されます。

外部データ(GPS、フィールドバスなど)の埋め込み

もう1つの重要な側面は、測定アンプシステムをGPS、カメラ(ビデオ)、車両バスなどの他のデータソースにリンクできることです。これにより、後処理やデータ解析などの重要な追加情報を計測データとともに記録することができます。現在、主要な「外部」データソースは次の通りです:

GPS (全地球測位システム)

テスト中の車両の速度などの位置および他のデータが追跡され、データが分析され、地図上で視覚化される。これにより、リンクを簡単に確立することができます。例えば、特定のテストイベントと、この時点で車両が位置していた位置との間にリンクを確立できます。

ビデオ

ビデオカメラを用いてますます多くの試験が行われています。ビデオ映像は、特定のまたは極端なテストイベントを分析する必要がある場合に特に便利です。この場合、画像と計測点を容易にマージして、例えば車両が道路に衝突したかどうかを調べることができます。

 

現代の車両およびモバイル機器は、搭載されているセンサ数が増えています。これらのセンサによって提供されるデータは、標準化されたフィールドバスによって送信され、機械的なテストを実行しながら使用することもできます。これは、機能が既に利用可能であるため、追加のセンサを接続する必要がないことを意味します。ただし、フィールドバスユーザーが直面する課題は、テストを実施する前に、後でどのデータタイプが関連するのかがよく分からないことです。この場合のソリューションは、すべての生データが記録され、データが解析されたときに後で解読されるということです。

ハードウェアと計測データの保護

テストは厳しさを増す環境条件のもとで「リアル」世界で実施されます。同じことがプロトタイプのテストフェーズで特に当てはまります。このフェーズでは、車両が異常気象条件でも使用できることが保証します。これらのテストを容易にするために、測定アンプシステムにも高いデータセキュリティが保証されなければならず、極端な温度への耐久が要求されます。包括的なテストは効率とコストの理由から何度も繰り返せません。アンプシステムとメモリは、寒さや衝撃、振動に耐えなければなりません。

HBMのSomatXRは、最先端のテスト設定(Webインタフェースを含む)の効率要件を満たし、高い堅牢性をもつデータ収集システムです。堅牢性においては機械的特性を考慮する必要があります。モジュールは-40℃〜+ 80℃の温度範囲での使用を条件に設計されています。内部に結露がないように完全に密閉されており、露点を通過する計測値でも収集できます。SomatXRモジュールの保護等級はIP65 / 67で、耐衝撃性は最大75G(軍用規格202Gに準拠)です。これらは機械的な基準であり、さらにソフトウェアとデータセキュリティの堅牢性が少なくとも重要です。 (in accordance with the Military Standard 202G). These are only (a few) mechanical standards. The robustness in terms of software and data security is at least as important.

無人テスト用データレコーダSomatXR CX23-R

無人テスト用のデータレコーダSomatXR CX23-Rは、安定したOSを実行します。データフォーマット自体は、ストレージのシーケンスを使用しないため、非常に堅牢です。データがまだレコーダにアップロードされている場合でも、計測の最初の部分はすでにダウンロードできます。さらに、WEBインタフェースにより最終的なデータ安全性も確保されています。データは、データにアクセスするユーザー数や使用OSの数に関わらず、どこからでもアクセスできます。

対話型の車両テスト用データレコーダSomatXR CX22B-R

他方、SomatXR CX22B-Rは、対話型車両テスト専用に設計されています。 catmanソフトウェアはレコーダにあらかじめインストールされ、データは.bin形式で保存されています。それを他のフォーマットに変換するのも簡単です。 CX22B-Rは、Ethernet接続を使用してSomatXRモジュールからデータを取得します。 またFireWireにより、同時にデータレコーダをPCへの直接データ転送のゲートウェイとして使用することができます。このため集中型および分散型システムの両方をサポートできます。

さまざまなテスト要件に対応

最新アンプシステムとソフトウェアを組み合わせることで、SomatXRの例にあるように、極端な計測環境条件であっても、車両と機械の大幅な効率的機械試験が可能になります。考慮する必要があるもう一つのポイントはモジュール型のシステムのもつ柔軟性です。柔軟で効率的な計測アンプシステムは、多くのテストアプリケーションに利用できます。比較的低いチャンネル数が限られた開発段階での小規模のコンポーネントテストと、完全なシステムの大規模なテストの両方に利用できます。次世代アンプシステムがテストニーズに対応して拡張できることは必須です。

SomatXRはモジュール構造をもつことでこの要件を満たしています。 すべてのアンプモジュールはPCに個別に接続し、例えばcatmanや他のデータ収集ソフトウェアで制御することができます。 また、複数のSomatXRモジュールと組み合わせて、PCやデータレコーダーを介したデータ転送を容易にする完全なシステムを提供することもできます。 さらに、SomatXRモジュールはユニバーサルQuantumXアンプシステムに統合することができます。 GPS、カメラ、フィールドバスなどの追加データソースは簡単にリンクでき、アナログ出力またはEtherCATを使用してテスト自動化システムを制御できます。

 

まとめ:モバイル計測に必要な機能とは?

コンポーネントテストや車載テスト(モバイルテスト、ロードロード)は重要な役割を果たし、開発プロセスに追従し加速するテストサイクルに対応する必要があります。 この場合、正しい測定アンプシステムを選択してソフトウェアをマッチングさせることは、効率向上において重要です。 耐環境型データ蒐集システムSomatXRを使うことで、Webインタフェース、統合解析ソフトウェア、外部データソースの便利な埋め込み、センサーデータベースのサポート、TEDS、オフラインパラメータ化、およびモジュラーコンセプトにより、最先端のテスト設定のバックボーンを構築できます。

関連情報

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。