トルク計測の重要性

トルクは機械製造業にとって不可欠な機械特性を表する値ですが、この値は他のアプリケーションでも重要な存在です。正確なトルク計測は、多くの産業で必要とされています。1例を上げると、様々なテストを行うテストベンチのユーザーとメーカーです。

エンジンは、今日、回転速度を上げて機械的性能を向上させ、効率計測を含む様々な領域で精度を向上させることを求められています。

様々なアプリケーション分野での絶え間ない進歩を考慮した、トルク計測の開発が行われています。トルクシャフトを使用する独自の設計原理は依然として特定の用途に採用されていますが、HBMにはシャフトとフランジを使用したトルク計測があります。

トルクセンサの設計は大きく進歩しており、ステータからロータへの動力の伝達を行い、計測信号はワイヤレスで送信されるようになっています。

計測量としてのトルクの意義

トルクは、たとえば公称トルク50 kN・m(毎分8000回転)を持つ最大機械的出力40 MWのガスタービン、または毎分20,000回転以上の速度で公称トルクを最大2kN・mまで計測するフォーミュラ1用のテストベンチなど、様々な用途で必須の計測量です。トルクは、薬瓶のスクリューキャップなど、許容公差が管理対象となっている製品にとっても重要な計測値です。

自動車業界は、燃料消費量の低減、安全性の向上、信頼性の長期安定、快適性の向上を消費者から求められています。この要求に加え、より低い排出量を求める厳しい法規制が施行されたため、計量および試験技術の必要性が高まっています。

そのためデータは正確かつ再現性よく取得する必要があり、トルクは特に燃焼エンジンとトランスミッションの開発にとって重要な計測値の1つです。これは電動モビリティにおけるテストの増加にも影響を与えます。回転速度と組み合わせて、機械的な力を計算することができます。

従来式のエンジン用テストベンチでは、計測機能を備えた制動装置を使用して計測を行いましたが、今日では回転トルクセンサ/変換器を使用してインライン・トルク計測を行うのが一般的です。

プロセスが動的で、機構間の相互作用が機械システムの最適化にとってますます重要な検討事項になるので、回転式トルクセンサの使用が一般的になっています。

HBMのトルクセンサ

HBMはトルクセンサ/変換器 の世界的なリーダーです。HBMは機械的計測量の電気的計測に関して50年以上の経験を持っています。HBMのサービスチームは、今でも第1世代のトルクセンサ/変換器に対してテスト、オーバーホール、および校正を行っています。

HBMは1977年に、計測量力に関するDKD校正研究所として認定され、DKD(ドイツ校正サービス)に受け入れられた最初の校正機関になりました。計測量トルクの認定は、1990年7月13日に授与されました。これにより、HBMは長年ドイツ唯一のトルクの校正機関でした。

HBMは現在、DKDで、2N・mから400kN・mまでの非常に幅広い校正ステップを提供しています。HBMの装置は、地球の重力場における質量の作用によって力が直接発生するマス・レバーシステムを採用しているため、非常に高いレベルの精度を備えています。さらに、基準変換器を使用した校正マシンも当研究室で使用しています。1986年にHBMはドイツでISO 9001の認証を受けた最初の企業であり、1996年にはISO 14001の認定を受けました。詳細に関しましたは、こちらまでお問合せください。