より迅速でより良い試験結果を得るためのテストベンチ改良

テストベンチは寿命が長いのが特徴で、非常に耐久性のあるコンポーネントを使用しています。そのため、油圧式の耐久性テストベンチまたはダイナモ・テストベンチの電気ドライブでの試験は、適切なメンテナンスが定期的に行われていることを前提として、何十年もの間エンジニアリングテストを実行できます。正しく設定されたテストベンチのハードウェアは、特定の要件では、長期間にわたって完全な性能を発揮しますが、これらの要件は、技術革新とさまざまなエンジニアリング分野の変化とともに根本的に変化していきます。しかし、業界の動向に追いつくために設置済みのテストベンチを交換することは、費用のかかる投資であり、導入期間や移行期間が長くなる可能性があります。

幸いなことに、現在のテクノロジに後れを取るか、高価なハードウェアを完全に置き換えるかの二者択一以外の方法があります。既存のシステムでもテストベンチを改造することで、より良いテスト結果を得ることができます。既存のテストベンチに、新しいハードウェアを特注で設置し、新しい直感的に使用できるソフトウェアに移行することができます。この方式は長年にわたって普及しており、現在、世界中の自動車技術者向けのテストベンチで最先端のデータ計測を維持に貢献しています。

テストベンチの改造方法と得られるメリット

HBMのデータ収集システムQuantumXや耐久性を高めた姉妹品SomatXRなどの最先端計測アンプを使用して、テストベンチを改造することが可能です。このアンプは、ソフトウェアとハードウェアの両方に完全な柔軟性を提供し、catman、LabView、Visual Studio .NETに基づく独自のソフトウェアソリューションなど、さまざまなプラットフォームに対応しています。PCへのデータ記録と並行して、EtherCAT™、PROFINET®、CANバス、または古典的な電圧ラインを介して、物理的にリアルタイムでテスト制御に統合する方法も数多くあります。

テストベンチの改造例の一つには、既存の油圧システムを使用しながら、アンプの分解能を改善して計測データ品質を改善する方法があります。QuantumXのモジュールは、日常に起きるテストの課題を柔軟に解決し、新型や既存のインターフェースとの統合を可能にして、テストベンチの自動化を可能にします。チャネルのタイプと数は、1回のテストごとに、あるいは、1日ごとにすばやく簡単に変更できます。チャンネル追加の見積もりをテストベンチメーカーに依頼する必要はありません。次の仕事に必要なチャンネルをセットアップするだけです。

したがって、テストベンチの改造は、基本的に、データの計測精度から計測アプリケーションおよび機能に至るまで、テストシステム全体を改善するためのガイドとして機能します。これは、テストベンチシステムへの初期投資の大部分を無駄にすることなく、ベンチの性能を現代の標準に引き上げる費用対効果の高い方法です。

HBMのテストベンチ改造用コンポーネント

HBMは自動車、航空宇宙、機械市場における試験計測技術の市場リーダーであり、エンジニアにセンサ、アンプ、データ収集システム、流通を含むポストプロセスデータ解析などの独自のコンポーネントを提供しています。

データ集録システムQuantumXは、既存のシステムのテストベンチを改造して更新する場合に、比類のない柔軟性を提供できるので、すべてのテストおよび計測ニーズに最適なツールです。さまざまな物理量をいろいろなセンサを使用して、信頼性の高いデータ収集を行うには、航空機テストやインフラの構造健全性モニタリングなどの分野で信号やセンサ情報を取得する機能を備えた、QuantumXが適切な選択肢です。

テストベンチの改造 についての詳細は、お気軽にお問合せ下さい。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。