変圧器等価回路図のパラメータの計測

様々なアプリケーションで使用される変圧器は、交流技術において最も重要な構成部品の1つです。変圧器は、電圧レベルを異なるレベルに変換する目的で使用されます。ここで重要になるのは、エネルギーの効率的な伝達を確実に行うために、効率の高い最適な形式を使用することです。

パワーエレクトロニクス回路の幅広い普及にもかかわらず、ガルバニック絶縁が必要な場合、変圧器が依然として小型電源に必要です。変圧器は計測量を変換するために計測技術でも使用されます。そのため変圧器は使用目的に応じて異なる要件を満たす必要があります。これらの要件への適合は、使用されるコア材料の選択および幾何学的形状の変更によって行うことができます。

変圧器の特性は、簡単な等価回路図で表すことができます。これは、対象のアプリケーションに対して、変圧器の適正度、および様々な負荷ポイントでの動作を評価するために使用できます。本文では、まず変圧器の等価回路図を導き出し、それを使用して説明します。

以下に、変圧器コアの等価回路図と鉄損を決定するための計測と計算方法を紹介します。計測と計算はHBM Gen3iデータレコーダーで行います。付録には必要な数式がすべて含まれており、Perceptionにインポートできます。

記事全体を読むには、右の欄にメールアドレスを入力してください。

ご希望内容

変圧器等価回路図

ご利用には登録が必要です。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。