センサの信号処理で3つの誤差を防止

計測精度の向上にともない、不良品が減少し、生産プロセスの経済性があがります。高精度なセンサとアンプは、特に工業生産とテストベンチで重要です。そこには、わずかな投資で生産性が大幅に向上する可能性があります。本文では、産業用計測アンプの精度に悪影響を及ぼす要因とそれらの計測結果への影響、さらに精度エラーの回避方法について説明します。

まず認識すべきなのは、計測チェーン全体の精度は、計測チェーンの最も精度の悪い箇所により制限を受けるということです。高精度センサ(例えば精度クラス0.02)が、精度の低いアンプ(例えば精度クラス0.1)と一緒に使用されている場合、総合的な精度は、0.1よりも悪くなります。

工業用アンプの計測精度に影響を与える要因は?

HBMのシグナルコンディショナーClipXは精度クラスは0.01で、校正証明書が内蔵されています。コストパフォーマンスが高く、様々な高精度センサ入力をサポートし、例えば最新のセンサ(HBMのS9など)と組み合わせることで、最適な計測チェーンが構成できます!

しかし、この高い精度を得るための要件は何でしょうか?またどのような要因が精度に影響を与えるのでしょうか?高い精度は、アナログ/デジタル変換器などの最新の電子部品が使用され、各アンプの定格出力がすべて正確に相互調整されている場合にのみ実現します。アナログ部品を減らすことは精度向上につながります:アナログ電子部品を削減し、一貫してデジタル化することが必要です。

力、圧力、トルク、温度、電圧、電流などの物理量をもとに電気信号を計測するアンプには、フルスケール値に対する誤差と計測値に対する誤差という2つの要因があります。

ご希望内容

ClipX White Paper Precision

ご利用には登録が必要です。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。