RoHS 3のセンサ/変換器供給者への影響について

有害物質の制限(RoHS)は、電子部品または機械部品に含まれる特定の有害物質の使用を制限するEU指令です。センサ/変換器の供給者は、EU市場で製品を使用するためには、RoHS仕様に協力する義務があります。これらの仕様は、商業用途に向けて規制対称となる新材料の登場とともに、長年変化してきました。RoHSによって管理および制限された最初の6種類の物質は:

  • カドミウム(Cd)
  • 六価クロム(Cr VI)
  • 鉛(Pb)
  • 水銀(Hg)
  • ポリ臭素化ビフェニル(PBB)
  • ポリ臭素化ジフェニルエーテル(PBDE)

機械部品や電子部品の製造にこれらの物質を利用するセンサ/変換器の供給者は、そのレベルが製品の均質材料(homogeneous materials)に含まれる特定物質の重量比で決められ、1000ppm以下にしなければなりません。これは、より厳しい規制により100ppm以下に制限されている水銀および鉛を除きます。

RoHS 3指令は、センサ/変換器の供給者に対して部品製造における使用制限物質を、さらに4種類追加しました。

  • フタル酸ジ2-エチルヘキシル(DEHP)
  • フタル酸ブチルベンジル(BBP)
  • フタル酸ジ-n-ブチル(DBP)
  • フタル酸ジイソブチル(DIBP)

これらの可塑剤はそれぞれ2015年に指令に追加されました。それには猶予期間があり、センサ/変換器の供給者が新しい規制に準拠する作業のために使用されます。すべてのEUの監視および制御の対象機器は、RoHS 3に適合するために、上記物質の成分量を2021年までに1000ppm以下にする必要があります。

HBM:RoHS 3準拠のセンサ/変換器供給者

HBMは、広範なのテストベンチ用の試験制御機器をグローバルなネットワークで供給する、代表的なセンサおよび変換器の供給者(メーカー)です。当社は、世界市場で計装機器を販売しており、すべての製品が可能な限り高い安全基準を満たすべく関連規制の遵守を約束しています。

他のセンサ/変換器の供給者とは異なり、HBMのすべてのひずみゲージ、コーティング剤、および接着剤はすでにRoHS 3に準拠しています。以下は、RoHS 3の対象となるHBM製品の全リストであり、猶予期間終了前にすでに要件を満たしています:

  • ABM75
  • AK22
  • BCY01
  • DAK2
  • EP150(-GP)
  • EP310N
  • P250
  • FS01
  • NG150
  • PU140
  • RMS1
  • RMS1-スプレイ
  • SG200
  • SG250
  • SL450
  • X120
  • X280
  • X60
  • Z70

適合性に関する唯一の例外は、顧客固有の特注アプリケーション品、または製造プロセスにおいて鉛ベースのはんだが必要とされるような珍しいケースのみです。

HBMは今後とも規制に準拠することを約束します。センサ/変換器供給者 の規制準拠に関する詳細はお問合せください。 

関連製品

ひずみゲージ用アクセサリ
正確な計測のために求められるのは、ストレインゲージその物の性能だけではありません。それぞれの用途に