リアルタイムでの自動化テストベンチやデータ解析に-新製品:PROFINET用ゲートウェイCX27C

  • 199個のセンサをリアルタイムにPROFINETに接続できるゲートウェイ
  • リアルタイムでms単位のサイクルタイム設定が可能
  • チャンネル毎に同時に最高100 kS/sのデータ入力が可能(ETHERNET経由)

HBMの人気データ収集システムQuantumXシリーズにゲートウェイモジュールQuantumX CX27Cが加わりました。テストエンジニアに最大限の柔軟性を提供し、リアルタイムでPROFINET IRTで最大199個のセンサを同時に接続できます。 QuantumX CX27Cは、コンポーネント、パワートレイン、耐久性テストベンチなど、チャネル数が少数から多い自動化されたテストベンチでも、迅速な結果を得るための理想的な選択肢です。

HBMのcatman PCソフトウェアと組み合わせることで、リアルタイムの自動化タスクに影響を与えることなく、センサとシグナルのデータをチャネルあたり最大100 kS / sのサンプルレートで表示、解析、記録できます。ゲートウェイモジュールは、配布可能な方法であっても、QuantumXおよび超堅牢なSomatXRシリーズと完全に連携します。

自動センサ認識(TEDS)、自動マッピング機能、パラメータファイル生成、診断サービスを使用することで、迅速かつ容易に設置可能です。なおEtherCATアプリケーション用のQuantumX CX27Bゲートウェイモジュールは、HBMからも提供されています。

HBMのデータ収集システムQuantumXは、あらゆるテストや計測要件に適した汎用モジュールで世界中のテストエンジニアに支持され、さまざまな物理量とセンサを接続でき信頼性の高いデータ収集を行えます。ほぼすべてのタイプの信号またはセンサから情報を取得することができます。

関連製品