最新オートメーションシステムの要件

革新的なオートメーションを導入するには、根本的なイノベーションが必要です。注目すべきはもはやシステムやその構成要素ではなく「人」であり、自動タスクを実行しながら「人」をどう効率的にサポートするかが重要です。計測技術と自動化技術は「人」に適応させるべきで、その逆はありません。この技術資料では、こうしたコンセプトで満たすべき要件を説明します。

求められる新たな概念

従来の計測センサやドライブをはじめとする個別コンポーネント間の相互作用は、複雑な転送チャネルやインタフェースコンバータによって実現されていました。複雑化するシステムを把握するため、インタフェースとコンポーネントはモジュールシステムとして統合される方向にあります。

製品開発や生産計画の担当者は、本質的に同じことを求めており、それは新しいWebベースのテクノロジーを使った柔軟なシステムの構築であり経験のないオペレータが短期間に作業を習得できることです。自動化タスクと製品開発タスクには基本的な違いがあります。製品開発は、高速で正確な計測を必要とします。一方、自動化アプリケーションでは、決められたシーケンスをリアルタイムで実行し、最適な動作状態でシステムを稼働させる必要があります。この場合重要なのは計測データそのものよりも診断データです。個別に発展したこの2つの領域は、現在はメカシステムの中でともに発展しています。理想的にはシステムコンポーネントが十分な柔軟性をもち、両分野に使用できることが望まれます。

運用技術(OT)と情報技術(IT)no融合

同じことがテスト用ソフトウェアと制御用ソフトウェアにも言えます。テストフィールドで得られた計測量を保存し適切なソフトウェア上で分析する必要があります。この際大容量のデータを取り扱うため、ソフトウェアはPC上で操作し、またEthernet経由でデータがPCに転送する必要があります。次のステップでは、評価用ソフトウェアのパーツやメソッドはさらに「断片」として制御技術と組合せて再利用されることになります。また生産現場では極めて高次なリアルタイム性が確保する必要があるため、メカシステムは各コンポーネントを制御してスムーズでエラーのない連携を保証しなければなりません。

HBMは、開発と生産の現場で利用可能なさまざまなコンセプトのセンサと計測システムを提供しています。用途に適したセンサや最新の計測電子機器を生産現場の計測チェーンの心臓部として利用いただけます。

多くの場合、既存のシステムは、最新のダイナミックな製造ラインのの要件やデータ量に対応できません。生産ラインに対応した計測システムでは、リアルタイムのデータ転送、膨大なデータを保存できるメモリ容量が重要となります。また、さまざまなグループに属するオペレータが、計測データを簡単にパラメータ化して可視化する必要もあります。

統合された自動化の概念

時間はお金です:時間を節約するとお金を節約できます。この公式は、機械およびシステム製造業者にとって重要な意味を持っています。自動化装置は、できるだけ多くのタスクとプロセスを、迅速かつ簡単に、エラーなく処理できる必要があります。人間の構成要素を忘れないことも重要です。つまり、簡単な操作、視覚化などです。

サインインすると、技術記事全文やPDF版をダウンロードできます。

ご希望内容

White Paper Automation Systems ClipX

ご利用には登録が必要です。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。