傾斜角度の小さな変動を計測する光ファイバ式チルトセンサ newLight FS64

newLight 光ファイバ式センサをベースにした光ファイバ式チルトセンサFS64は、垂直方向への非常に小さい角度変動を計測するように設計された耐久型のFBGチルトセンサです(FBG=ファイバ・ブラッググ・レーティング)。2つのFBGセンサを使用した革新的なプッシュプル機構により効果的に温度を補償します。

このセンサは支持壁、橋梁、トンネル、建造物など多種多様な監視アプリケーションに使用できます。複数のセンサを使用することで、異なる方向の傾きを計測できます。

堅牢・再利用可能

  • 受動部品と堅牢な外装で構成されており、爆発性雰囲気、高電圧領域、強度の電磁界での使用に適合

劣悪な環境、湿度・塩分などの悪条件に対応

安定

  • 2つのFBGからなるプッシュプル構成を使用して、効果的に温度影響を補償(< 3 milideg/℃)

温度変化のある長期的計測に最適

互換

  • 他のFBGベースのセンサと簡単統合、ほとんどの光ファイバ式インテロゲータと互換

装置の共用やシンプルなセンシングネットワークによりコストパフォーマンス改善

センサの選択

FS64 TLS

  • 垂直面に設置
  • 角度計測範囲:±5度
  • 温度誤差:< 3 milideg/℃
  • 別のセンサと組み合わせて2軸計測可能

HBMShop 光ファイバ式センサ概要

技術文献ダウンロード (無料)

インフラストラクチャ監視アプリケーションにおける、光ファイバ式センサと従来型電気式ひずみゲージの比較

  • FBGの原理
  • ブラッグ波長
  • 監視アプリケーション

ここからダウンロード

HBMshop 価格・納期の確認、クイック見積もりはこちらから
見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応