FBGマルチセンサnewLight FS70

ファイバブラッググレーティング(FBG)技術とnewLight光センサシリーズをベースにした独自の構成が可能なセンサアレイFS70は、複数のベアFBGセンサ素子と高性能コーティングを組み合わせた光ファイバセンサです。実験室およびあらゆる種類の産業でのひずみ多点計測に最適です。

下記のオプションにより最適なセンサアレイを構築:

  • FBG数、波長、距離を選択
  • ケーブルを選択 :編組、アラミド、装甲、またはケーブルなし
  • コネクタタイプ選択:FC/APC、SC/APC または コネクタなし

高精度

  • 湾曲面上でも高精度計
  • ドリフトがなく高い長期安定性
  • すべての電磁干渉に不感

長期安定性にも優れた、高精度計測

耐久性

  • 耐疲労性が高い
  • 優れた曲げ性能
  • 湿気や塩分の多い環境でも、耐腐食性が高い
  • 配線数や距離が少ない

柔軟性があり、屋内および屋外の用途に適合

便利

  • すぐに設置できる光ファイバを1本使用
  • 軽量光ファイバで配線を簡略化
  • ハイブリッド計測(光学式と従来方式を併用) に対応

設置作業が簡単なうえ、使いやすい

センサの選択

HBMは2種類の構成可能なFBGアレイを提供:

構成可能なFBGアレイFS70FBG

最適なひずみ伝達と計測安定性を保証する高性能コーティングを施したシングルモード光ファイバ

  • 波長1502.5 nm〜1597.5 nm、最大20個のFBGを使用
  • 合計ファイバ長:最長10 m
  • FBG間距離は0.05 mから
  • 最長20 mの異なる種類のケーブルを接続可能

注:カスタムセンサとしてご発注いただけます。

PEEKコートファイバで構成可能なFBGアレイFS70PKF

耐久性を必要とするアプリケーション用の高性能コーティングと追加のPEEK層を備えたシングルモード光ファイバ

  • 1 m間隔で最大10個のFBG
  • より多くの計測点の確保、またはより狭い配置間隔のために、2つの波長オプションを直列に組み合わせ:
    • 1510 nmから10 nm間隔の波長使用
    • 1515 nmから10 nm間隔の波長使用
  • 最長20 mの異なる種類のケーブルを接続可能

注:カスタムセンサとしてご発注いただけます。

技術文献ダウンロード (無料)

インフラストラクチャ監視アプリケーションにおける、光ファイバ式センサと従来型電気式ひずみゲージの比較

  • FBGの原理
  • ブラッグ波長
  • 監視アプリケーション

ここからダウンロード

見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応