HBMのパワー解析: インバータおよび電動モータのための完全な試験システム

HBMが提供するダイナミックパワー解析ソリューションは、生データを記録しながら、HBM製トルクセンサの対応範囲全域を詳細に活用することができるほか、信号の可視化に別途パワーアナライザやオシロスコープを用いる必要がありません。このパワーアナライザeDriveは、お客様のニーズに合わせて拡張することができます。チャンネル数は電気信号が最大51個、機械信号が最大6個と数多くのパワー計測に対応可能で、シンプルなドライブドレインと複雑なドライブトレインのいずれにとってもパーフェクトなシステムです。

シングルソースで実現する、完全な計測チェーン: データ収集から、センサ、ソフトウェアまで

データ収集の制御と可視化

多数の複合システムを迅速に解析するための高速ソフトウェアPerceptionを用いて、パワートレインの効率を分析し、制御基準を把握します。

  • シンプルな構成
  • インバータの状態をリアルタイムに見ながらデータを制御
  • 処理後レビューですべてのデータを検証可能

データ収集と統合

HBMのeDriveシステムには、 ダイナミック・パワーアナライザにデータレコーダが組み合わされています。ダイナミック条件においても極めて正確なパワー計測を行いながら、生データをすべて記録できるため、トレーサビリティとポストプロセス分析に効果を発揮します。電圧、電流だけでなく、トルク、速度、加速度、温度、ひずみ、CANバスなどあらゆる機械量の収集が可能です。

  • データを連続的に高速保存
  • ユーザーニーズに合わせて拡張可能
  • 電気データと機械データを高精度かつ相互に関連させて分析

トルクセンサと電流センサ

HBMが提供するクラス最高の電流センサとトルクセンサを装備することで、現在お使いの装置をそのまま電動ドライブの計測もできる完璧な計測チェーンに変えることができます。HBMはまた、標準的なレベルを超えるパワートレインにも対応可能なひずみゲージとひずみ検出方式センサをフルラインナップしています。

  • HBMの最高精度のセンサ
  • クラス最高のトルク精度 (0.02%) と帯域幅 (6kHz)
  • センサとデータ収集モジュールのシームレスな統合

お客様の声

この大手自動車メーカーは、Genesis HighSpeedをHBMから直接購入しているほか、テストリグの要件定義書にHBM製品を組み込むことを規定しています。

「HBMは、現在の市場において最高の調達先です....HBMは技術の動向を的確に見通し、どうすべきかを事前に示してくれます」”

その先も支援: その他のサービスとサポート

HBMのサービス&サポートチームは、試験や計測の実務上のあらゆる問題の解決をサポートします。

パワー解析―HBMの計測技術ライブラリ:パワー解析を極めるためのヒント

インタフェース
GEN DAQ データ収集システムとPerceptionソフトウェアの接続
パワーアナライザとは何か。
このページでは、パワーアナライザの作動原理と、複雑な最新のパワー演算をいくつかご紹介します。
eDriveテスティングを解りやすく解説
eDriveテスティングを使用して、モータシステムやインバータの効率を検証する方法を解りやすく解説

実践トレーニング: HBMアカデミーによる、電動モビリティへの活用セミナー

個別相談―ぜひご連絡ください。

難しい課題の解決もお任せください。計測作業に悪戦苦闘し、手助けを必要としている方は、お気軽にお問い合わせください。まずは意見交換から始めましょう。

下記フォームにご記入いただき、ご希望の連絡手段(メールまたは電話)をご指定ください。

見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応