ビデオ:トルク測定から電力試験まで - トルクセンサの設置を最大化する

トルク測定から電力試験まで:このビデオでは、eDriveシリーズのパワーアナライザとペアリングしてトルクセンサの設置を最大化する方法をご紹介します。

ドライブとブレーキの間にトルクセンサを配置した電動機のテストを実演するための試験リグを使用しています。この試験装置では、トルクと速度を制御してさまざまな出力状態を見て、実世界のシナリオを模倣することができます。eDriveシステムの利点をさらに視覚化するために、eモーターの電気的および機械的出力をマッピングしました。このビデオでソフトウェアでどのように見えるかをご覧ください。

ビデオを見る時間が無い方へ:ビデオの内容をご紹介します。

トルクから電力試験まで:このビデオでは、eDriveシリーズのHBM製パワーアナライザとペアリングすることで、HBM製トルクセンサの投資効果を最大化する方法をご紹介します。ハードウェア、ソフトウェアの順でご紹介します。

ハードウェア:トルク、パワーアナライザ、スプリッターボックス

電動機のテストを実演するために使用した試験リグでは、ドライブとブレーキの間にトルクセンサを配置しています。この試験装置では、トルクと速度を制御してさまざまな出力状態を調べ、実世界のシナリオを模倣することができます。トルクと速度センサーの出力は、eDriveパワーアナライザに接続され、電圧と電流信号に時間を合わせて調整されます。

また、温度や振動を測定するために他のチャンネルを追加するオプションもあります。パワーアナライザはPCまたはタブレットに接続して、eDriveソフトウェアでセットアップとデータ分析を行うことができます。また、当社のAPIを利用して、ソフトウェアコマンドを使用してシステムを設定することも可能です。スプリッターボックスは、トルクと速度の出力をパワーアナライザに接続し、オートメーションシステムの信号を繰り返すことができます。

 

eDriveソフトウェア:

eDriveシステムの利点をさらに視覚化するために、ソフトウェアでeモータの電気的および機械的出力をマッピングしました。

eDriveソフトウェアは、三相永久磁石モータの測定を表示しています。赤と青で電流と電圧が、ピンクと緑でT12HPからのトルクと速度の出力が表示されています。eDriveシステムは、トルクセンサと電気信号の全帯域幅を表示して記録することができます。これらの信号のタイムアライメントにより、測定されたパラメータの非常にシンプルな視覚化が可能となり、ユーザは迅速に意思決定を行うことができます。モータの構造に起因する小さなトルクリップルに注目してください。これは、トルク測定の高精度と帯域幅を示しています。

モータをシステムレベルで理解する

画面中央に表示される負荷ステップのようなイベントでは、電気システムがトルクの変化にどのように反応するかを詳細に見ることができます。これにより、ユーザはシステムレベルでモータを理解することができます。電力測定を行う際には、電気的および機械的なデータが同じ時間ベースで平均化されます。 これにより、信号間のシフトがないことが保証され、精度が最大化されます。eDriveシステムは、高精度のタイマーカウンターチャンネルを使用してトルクセンサの周波数出力を直接測定します。周波数信号は画面の下部にズームインして表示することができます。

eDriveはこの周波数を中央の画面に表示されている短い時間帯に全帯域幅で平均化することができます。下部画面では、トルク平均化期間が電気信号と同期して、高精度の電力および効率測定値を計算します。生データを記録し、独自の時間枠で平均化する機能により、最高精度の測定が可能となります。

測定チェーンの精度を高める

そのため、eDriveシステムをトルクセンサとペアリングすることで、完全な測定チェーンの精度が向上するだけでなく、電気的および機械的信号を完全な帯域幅で時間調整するなど、より高度なテスト機能を実現することができます。その結果、お客様とお客様のチームはeモータの開発時間を短縮することができます。 

HBMのeDriveテスティングはこちら