適切なパワーアナライザを選択するための5つのヒント

パワーアナライザは、電気システムの電力フローを計測するように設計された多機能計測システムです。この高度なシステムは様々な用途や業界で使用されていますが、電力計測のあらゆる課題に対応するユニバーサルなソリューションはありません。アプリケーションのニーズに合ったパワーアナライザを選択する際の重要な検討事項をご確認ください。

ヒント 1:精度

計測精度は、エレクトリックインバータ、モータ、ドライブトレーンの性能を最適化する際に基本的な重要項目になります。計測の不確実性を下げることで、より信頼性の高い結果が得られ、パワー解析システムの結果がより正確になり、厳密な経済性改善の提案ができます。柔軟かつ拡張可能で長期にわたり継続使用できる業界最高レベルの基本パワー計測精度を備えたパワーアナライザ を選択することは、製品とソリューションの将来に長期的な投資することになります。

ヒント 2 :入力数とタイプ

必要なチャネル数はいくつですか。標準的な HBM パワーアナリザは、3~21のチャンネルの電力チャンネルを使用して最大6台の トルクタンスデューサを接続できるので、 4 輪駆動車のテストに最適です。電気信号と機械信号を同時に取得するためのモジュール式アプローチにより、さらに信号収集モジュールまたは追加の電源入力チャネルを使用してアナライザを柔軟に拡張できます。電力アナライザを購入する場合は、投資した設備が将来にわたって有効であることを確認することが重要です。

ヒント 3 :動的パワー計測:

ほとんどの パワーアナリザは、(電力グリッドなどの) 定常システムを計測するために特別に設計されています。しかし、電気自動車のドライブトレーンなどの動的システムについてはどうでしょうか?負荷ステップ、ランアップ、ランダウン中の過渡電力の変化を計測するには、動的な負荷変化中に正確な計測ができるアナライザが必要です。アナライザが目的のアプリケーションに適した設計になっていることを確認してください。

ヒント 4 :生データの保存と分析

計測値を監査する必要がある場合や、制御アルゴリズムの詳細を調べる場合は、生データの保存が前提条件となります。テストのデータを保存することで、いつでも電力結果を再計算して検証できます。 sスペースベクトルとpace vectors and DQ0変換のリアルタイム解析により、制御アルゴリズムを検証できます。適切なパワーアナライザを選択することで、ハードウェアのコストを低く抑え、テストの再実行にかかる時間と労力を節約できます。

 

ヒント 5 :リアルタイム出力

一部のユーザーは、パワー計測後の標準的な読み取りで十分な場合があります。しかし、より厳しい要件を持つ計測事例では、データの可視化、カスタム計算の実行、リアルタイムでの結果の生成を行う必要があります。HBMの パワー解析ソリューション には、標準計算のライブラリだけでなく、独自の計算式を入力することもできます。自動化への完全な大量データ転送機能を備えたパワーアナライザは、リフレッシュレートが1秒あたり最大 2,000回の高速データ収集が可能で、重要な計測点の瞬間的な状態を詳細に観測できます。


ポスター「適切なパワーアナライザーを選択するための5つのヒント」をダウンロードできます。

ご希望内容

パワーアナライザ

ご利用には登録が必要です。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。