繊維強化プラスチック(ファイバ強化プラスチック)へのストレインゲージ(ひずみゲージ)の取付けには、標準的な設置とは異なる独特な点があります。

  • 機械的特性は方向性に依存するため、弾性係数の方向性への依存を理解せずに、標準的な理論的アプローチ(フックの法則)を適用することはできません。
  • 理論上は、これと同じ規則がコンクリート用としてのストレインゲージの選択にも適用されます。ストレインゲージは、ファイバの距離の少なくとも5倍以上の長さが必要です。ストレインゲージの幅も、数本のファイバをカバーしている必要があります。
  • プ ラスチックを溶剤で処理する際には、膨張やストレス腐食の可能性があるため十分な注意が望まれます。無鉛ガソリンおよびイソプロピル・アルコールは、特に 接触時間が短いことから概して縦横では無いと思われます。修正済みプラスチックの数が非常に多いためにはっきりした予測ができないので、重要なケースでは 必ず予備試験を実施してください。これはRMS1 洗浄剤の使用にも適用されます。
  • 以下のように計測ポイントの準備を行うよう推奨します。エメリークロス(布ヤスリ、粒子サイズ400)を使用して表面を粗面化し、次に食器用洗剤で洗浄してから水(脱イオン化した水が理想的です)ですすぎます。
  • HBM製の全ての低温硬化接着剤は、ストレインゲージの設置に使用することができます。
  • ファ イバ間のストレスピークは、しばしば平均ストレスの倍数になります。その結果、増幅器が示すひずみはずっと小さいにもかかわらず、ストレインゲージが一時 的に過負荷状態になる可能性があり、ストレインゲージの最大伸長に達するか超えてしまう場合もあります。したがって、個々のポイントではストレインゲージ が過負荷になったり(永久的な損傷を受ける)、設備全体が故障したりする危険性もあります。この問題は、ストレインゲージと加工対象物との間に薄いカプト ン膜を挿入することで解消できます。この膜はコンポーネントとストレインゲージとの間に接着し、事前に一体化させます。言い換えると、ストレインゲージの 計測グリッドの下でストレスピークを「分散」させます。結果的に層がより厚くなるため、この膜を使用するのは高いひずみが予想される場合に限定すべきで しょう。
聯繫我們 如果您希望與HBM聯繫,無論是技術問題還是希望進行商務合作或者是產品諮詢,我們都將為您服務