HBMのロードピン

ストレインゲージを使用した計測機器と変換器のトップメーカーHBMでは、幅広いラインナップのロードピンをご用意しています

スタンダードモデル、カスタムメイド、共にご用意しております。

代表的用途

ロードピンはストレインゲージを使用した変換器で、負荷、過負荷、引張の状態を計測します。普通のシャフトの代わりに機械の一部に組み込まれ、直接機械の一部として機能します。

ロードピンは様々な用途で使われています。

  • クレーン
  • 巻き上げ機
  • ウィンチ
  • ケーブル敷設機器
  • タンカー、港湾施設
  • ロープ、チェーン、ブレーキ
  • ベアリングブロック、ピボット、シャックル
  • エレベータ
  • 農業、航空、化学産業の応用分野

特徴

  • 定格荷重:0.25~100トン
  • 過荷重:定格荷重の150%
  • 最大ブレーキ荷重:定格荷重の300%以下
  • 耐食ステンレス製温度補償型ピン
  • メインテナンス不要で建設現場などの厳しい環境下に理想的
  • 精度:>0.5%
  • 出力信号: mV/V, 4-20mA, 0-5 V DC

HBMではお客様のご要望に応じてカスタムメイドのロードピンもおつくりしています。

  • カスタムデザイン
  • 特別な電気的接続
  • 総合的シグナルコンディショニング
  • 保護等級 IP68クラスのオプション可能
  • オプションで回転制御プレート

Related pages

カスタムセンサ/変換器の優位性

カスタムセンサご提供に関する4つのステップ

HBMのカスタムセンサに関する技術情報

アプリケーションレポート

見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応