FSシリーズ: 大規模センサネットワーク用のFBGセンサ

HBM FiberSensingは、 FBG(ファイバ・ブラッグ・グレーティング )技術に基づく光ファイバ式ひずみセンサを2シリーズ提供しています。

  • FSシリーズ:様々なタイプのひずみセンサが使用でき、大規模なセンサネットワークに最適このシリーズは、センサ信号を劣化させることなく、数キロメートル長のファイバに上にセンサを搭載できます。
  • OPシリーズ:優れた耐久性を利用した高レベルひずみアプリケーション用のFBGひずみセンサ。小さな曲げ半径が可能な光ファイバ(6ミクロン径のコアファイバ使用)に高機能コーティングを施したファイバ・ブラッグ・グレーティング(FBG)光ファイバ式ひずみゲージ。OPシリーズは線形ゲージまたはひずみロゼットとして利用できます。 

FSシリーズによる、様々な種類の光学ソリューション

光ファイバ式ひずみセンサに加えて、FSラインには、幅広いアプリケーションで温度、傾斜、加速度を計測するFBGセンサがあります。


光ファイバ式インテロゲータ

HBMは、この光ファイバシステムに使用されるFBG(Fiber Bragg Grating)センサを読み取るための計測装置(データ収集システム)を提供しています。


アクセサリ

HBMは光学計測技術向けにさまざまな種類のアクセサリを提供しています。


光と電子のベストを融合 ...HBMだけが提供

  • 電子式ひずみゲージと光学式ひずみゲージの両方から同時にデータ取得
  • HBMのcatman ソフトウェア を使用して、この2種類のセンサからのデータを総合的にデータ分析

FBG技術の特長

設置費用を削減

  • 光ファイバ1本で多数の光センサを接続できるので配線が減ります。
  • 個別のニーズに合わせて計測チェーンを構成できる。

劣悪な環境でも正確な計測結果

  • 高いひずみレベルで高頻度の負荷サイクルを受ける材料のストレスと疲労度試験
  • 劣悪な周囲条件でも高精度試験が可能 (例:高電圧システム)

長距離伝送でもデータの信頼性が高い

  • テストデータに対して距離やケーブル長の影響がない
  • DAQシステムが計測ポイントから数百メートル離れていても高品質な結果を確保

センサが小型軽量

  • アクセスするのが難しい遠隔地でも設置が簡単
  • 実験室用や野外のコンクリート建造物などの広範なアプリケーションに対応できる様々な種類があります。
Need technical advice?

Click here to ask our experts on optical sensor technology