catman Enterpriseは、MGCplusを使用した膨大なチャンネル数を伴う計測のデータ処理のために開発されたソフトウェアです。サーバPC(MDS:Measurement Data Server:計測データサーバ)が実際の計測を行うと同時に、複数のクライアントPCがサーバPCのデータにアクセスすることが可能です。これにより、膨大な数の計測を行うと同時に、モニタリングとデータ解析をリアルタイムで行うことができます。

パッケージは、セットアップ用、計測値データ収集用、そしてクライアント機能ソフトウェアモジュールから構成されています。データ収集後のより高度な解析にはcatman Professionalが最適です。catman Enterpriseは最大1万チャンネルのMGCplusチャンネル、計算チャンネル、トリガコンディションをサポートします。計測チャンネルは、それぞれ固有の名前を持ち、これによりメニューのどこからでもアクセスすることが可能です。また、チャンネルはロジカルグループと下部グループに分けられ、チャンネル数が膨大な計測においても、個々のチャンネルを簡単に見つけることができます

catman Enterprise - Optical strain gages catman Enterprise - Enhanced import from custom sensor database catman Enterprise - VBA IDE Editor

このシステムの性能は、British Aerospace、EADS、セスナ、エンブラエルで証明されています。

主な特徴

  • マルチチャンネルデータサーバを使用したデータ収集
  • 完全なデータベースを備えた、自動セットアップと数千の計測チャンネルグループ化用セットアップソフトウェア
  • 完全なトリガ機能を備えたサーバ(参照カーブ、リミットトリガなど)
  • ログファイルに保存される完全な計測プロセス
  • ストレインゲージ計測ポイントの自動配線チェック
  • 複数のクライアントPCのサーバへのリアルタイムデータアクセス
  • データ収集と平行した、サーバPCとクライアントPCの完全に設定自由のリアルタイムでのデータのビジュアル化
  • 設定可能なトリガイベントに対するリアクション(例、ディスプレイメッセージ、トリガ計測、e-mail送信)
  • 実験的応力解析対応(熱補償、ロゼッタ計算)特別オンライン計算機能
  • VBスクリプトを使用したカスタマイズ
  • 10,000 チャンネルまで簡単に構成できる
  • サーバ上で複数ユーザのオンラインアクセスが可能
  • 全てのストレインゲージ計測点において自動ワイヤチェック
  • センサデータベースが変換器とアンプを設定
  • トリガイベントに対する構成的なリアクション (e-mail,、log book,、等)
  • catman と ActiveX ソフトウェアにリンク可能
HBMshop 価格・納期の確認、クイック見積もりはこちらから
見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応