HV(高電圧)インパルス試験

世界中にある電力網のほとんどは、支柱上の送電線によって構築されています。これらの送電線は落雷を受ける可能性が高く、変電所の構成部品は高い損傷のリスクに曝されています。

1つまたは複数のエレメントが損傷を受けると、配電能力の一部が損なわれる可能性があり、消費者の不満や高い修理コストの原因となります。試験用変圧器、サージアレスター、アイソレーター、およびスイッチギアなどの試験は、品質保証プロセスの重要な部分であり、これによって各コンポーネントの抵抗性能を証明します。HBMのHVインパルス試験用統合型ソフトウェアとハードウェアソリューションについて、より詳しい情報をご確認ください。

高電圧インパルス試験

困難な電磁環境条件下でもノイズがなく信頼性の高い計測結果を取得

ほとんどの場合、電力をその消費地で生産することはありません。電力網が発電所と最終消費者を結んでいるので、これにより電気エネルギーは発電所から消費者まで運ばれます。

電力網は、必要とされる電力輸送能力に応じて、数百ボルト(LV)から、数十キロボルト(MV)、さらに最高数百キロボルト(HV)までの、異なる電圧レベルで構成されています。

これらの異なる電圧レベルは、変圧器、回路ブレーカー、サージアレスター、アイソレーターに加えて、計測機器やスイッチギアなどからなる変電施設によって相互に接続されています。

スイッチギア試験

スイッチギア試験は、正確で信頼性の高い結果を得るためには特殊なハードウェアやソフトウェアが必要となる、非常に要求の厳しいアプリケーションの一つです。ハードウェアが直面する課題としては、絶縁、アンプのドリフト、ノイズ、電磁環境耐性、バッテリーの使用などがあります。ソフトウェアの直面する課題としては、データの統合性、再現性、生産性などがあります。スイッチギア試験には、HBMの統合ソリューションをご利用ください。

スイッチギア試験

電流零点試験

電流零点試験(CZ)とは、高電力の回路ブレーカーに発生する電流の遮断現象を指します。今日では、電気アーク以外の方法で高電圧回路の遮断を経済的に行うことは不可能だと思われます。

すべての回路ブレーカーは互いに離れて行く接点によって作動するため、接点の間には電気アークが発生します。電流零点現象は、圧力、温度、イオン密度、プラズマフローなどを示すインジケータとなります。

電流零点の計測は、電気アーク現象について理解して電流を適切に遮断するための有力なパラメータを特定するために使用されます。HBMの電流零点試験用統合型ソフトウェアとハードウェアソリューションにういて、より詳しい情報をご確認ください。

電流零点試験

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。