電流零点試験

電流零点試験(CZ)とは、高電力の回路ブレーカーに発生する電流の遮断現象を指します。今日では、電気アーク以外の方法で高電圧回路の遮断を経済的に行うことは不可能だと思われます。

すべての回路ブレーカーは互いに離れて行く接点によって作動するため、接点の間には電気アークが発生します。電流零点現象は、圧力、温度、イオン密度、プラズマフローなどを示すインジゲータとなります。

電流零点の計測は、電気アークの現象について理解し、電流を適切に遮断するための有力なパラメータを特定するために使用されます。

電流零点試験のためのハードウェア要件

光ファイバー絶縁デジタイザの技術を電流零点試験に使用するためには、主として以下に示す4つの要件が満たされていなければなりません。

  • 垂直解像度
  • バンド幅
  • 高速過渡現象に対する耐性
  • 磁場に対する耐性

電流零点アプリケーションに対する受入試験済みの6600HV

この試験は、高出力試験の分野ではトップクラスの専門施設の一つである、オランダ、アルンヘム市のKEMA High Power研究所で実施されました。試験に対する基準や一般に受け入れられている校正方法がないため、KEMAは、電流零点計測での10年間から得た経験に基づいて、専用の試験プログラムを設定することに決定しました。

Your benefits

  • Acceptance tested by KEMA
  • Hardware for current zero testing
  • Designed for High Power applications
HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。