機械から電気への転換: 計測は同期化されて いますか?

コンポーネントの試験:HBMでは機械的量と電気的量の記録の同期に対して総合的なソリューションを提供しています。これによって正確な生データにアクセスでき、試験設定の複雑さから解放されます。

電気機械アクチュエータと駆動部の技術的成功は幅広く利用されています。例えば、自動車を考えると、メカトロニクスコンポーネントは駆動部、車体、快適性、安全性などの領域でますます大きな役割を担うようになっています。現代の車は集中ドアロックシステム、窓、シート、空調、ブレーキ、ハンドル、電気駆動部などを備え、まるで動くコンピュータのようです。今日、豪華リムジンには最大100カ所の電気駆動部があります。

快適性、低 CO2,、効率、安全機能への要望が高まるにつれ、電動モータシステム、センサ、制御装置などの電気・電子コンポーネントが多く使われるようになってきました。そのため、今度は、これらの部品を最適化するために、多くの電気的、機械的信号を用いた信頼できる予測試験に対するニーズが高まりました。当初の試験方法は、マルチメータや動力計などの様々な計測機器を用いて行うものでした。そのため、機械的データとの同期がとれず不正確な結果となり、もはや適正なものでなくなっています。

メカトロニクスコンポーネントの増加

メカトロニクスコンポーネントの進歩は自動車業界だけのものではありません。機械やプラントのエンジニアリングにおける電気機械アクチュエータの利用例は数多くあります。航空分野においてさえ、以前は油圧制御式であった多くの部分系が今や電気制御方式に変わってきています。

「機械から電気への転換」は確かにシステムコンポーネントを試験する際に困難があります。しかし、将来は電気信号と機械信号を同期化して信頼性のある記録を残すことが不可欠になるでしょう。例えば、システムコンポーネントを最適化する際には、要求される機械反応や電気反応、またはそれらの相互作用を解析することが非常に重要になります。

計測データの同期:HBMの総合的ソリューション

HBMをご利用いただければ安心です。私たちは低電圧信号の計測から高電圧コンポーネントの試験まで、それぞれの計測や試験の要件に応じ、機械的計測データと電気的計測データを同期して記録するために最適な総合的ソリューションを提供しています。

試験設定における複雑さから解放され、より信頼性の高い計測データが得ること。それは性能に大きな改善をもたらして開発計画を最適化するために必須の条件です。

HBMでは、トルク、力、距離、圧力、重量などの機械量を記録するための精度の高いセンサシリーズも提供しています。Genesis HighSpeedシリーズおよびQuantumXシリーズデータ収集システムと対応するソフトウェアパッケージのPerceptionソフトウェアと catman®APソフトウェアを用い、温度、振動、バス信号などの追加計測量を同期して記録することができます。ビデオ同期化を含めすべてのデータを一般的なデータフォーマットで、確実に、かつ再現可能な方法で保存することができます。

電気量と機械量の記録に最適なHBMのソリューション

QuantumX
QuantumX SCM-HV
T12
Genesis HighSpeed
ISOBE

 


標準的なテスト・ソリューション: 
データ収集システムQuantumXシリーズ

電気信号と機械信号を同期して記録: 
QuantumXシリーズのデータ収集システムと新しいQuantumX SCM-HV信号調整モジュール

 

電気信号と機械信号を同期し、動的に記録して、電力と効率を計算: 
トルクセンサT12とデータ収集システムGenesis HighSpeedシリーズ

 

 

高電圧計測: 
ISOBE光伝送システムとデータ収集システムGenesis HighSpeedシリーズ

 

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。