Bucher Leichtbau社がガレーの耐空性テストにHBMの試験技術および計測技術を使用

飛行機に積み込む食品は、軽くて消化しやすいことが重要です。ガレー(飛行機の調理室のことをこう呼びます)にとって、軽量であることが必要条件です。しかも大きな物理的荷重に耐えなければなりません。スイスのBucher Leichtbau社は、旅客機に設置するガレーやキャビネットの製造では世界有数のメーカーです。したがって、ガレーの耐空性を保証してくれる構成部品の厳しい検査には大きな信頼を寄せています。機上のテストベンチにおいては、それはHBM製の計測チェーン一式となります。

航空機産業で使用されている技術やシステムは、厳しい規制や規則に適合していなければなりません。航空機の客室設備の耐空性を検証するには、静力学に関する特殊なエビデンスが必要となります。この点については、機上のガレーにも同様の要件が適用されます。

機上での使用条件は、ガレーにとって特に厳しいものです。最高の効率を実現するため、ガレーの各モジュールは非常に軽量でなければなりません。しかもその一方で、極端に大きな荷重にも耐える必要があります。

Galleys from Bucher Leichtbau AG have set standards for convenience, efficiency and reliability. Image: Bucher Leichtbau AG

重力に耐えるように造られた軽量設計

Bucher Leichtbau株式会社(AG)

可能な限り最大の重力に抵抗できるように製造された軽量設計―スイスと米国に生産拠点を持つBucher Leichtbau社はこの分野における第一人者と言って良いでしょう。

Bucher Leichtbau社は、民間航空、航空救助、自動車産業向けの革新的な軽量ソリューションの開発と製造を行っています。製品の範囲は、ケータリング業務、キャビン、緊急医療システム、自動車、VIP(真空断熱パネル)などを含む様々な用途分野に及んでいます。Bucher Leichtbau社製のガレーとキャビネットは、民間航空で最も一般的に使用されている製品の一つです。

こうした複合的なモジュール(「モニュメント」とも呼ばれる)は、それ自体の風袋重量の8倍もの荷重を運搬することができます。また、重力による加速度の9倍の加速度(9G)に耐えることが可能です。

モジュール設計と堅牢な構造により、メンテナンスコストは長期的にもかなり低く抑えられます。要求される最小耐用年数は25年です。ただしガレーと物置については、初回の飛行に先だって耐空性を検証することが必要です。

飛行負荷(離陸、着陸、乱気流などを含む通常の飛行負荷条件)と緊急着陸負荷(管理下にある緊急着陸または離陸の中断)の間には明確な区別が設けられています。この2種類の負荷は、まず地上の試験施設でシミュレーションが行われます。ガレーと旅客キャビネットは、発生するすべての力や加速度の影響を受けており(安全予備を含む)、こうした負荷の下での挙動が試験の対象となります。これらの試験に合格して初めて、当局、航空機メーカー、あるいはユーザー(航空会社)により航空機内へのモニュメントの設置が許可されます。

U10M force transducer installed in the test bench at Bucher Leichtbau AG.

複雑なテストベンチによって運転中に発生する力のシミュレーションを行う

運転中に発生する力のシミュレーションを行うために、テストベンチを構築します(その設計は、航空機のタイプや要件によって異なります)。中央にある500 kNの油圧シリンダを使用して、テストベンチ上の試験対象物に(引張)力をかけます。この力は、ワイヤロープ、チェーン、いわゆる「揺り動かし(whiffle)」(ホイフルツリー(whiffle tree))などの複雑なシステムを使用して試験対象物の個々の構成部品の間に分散されます。

過去には、テストベンチにかかる(引張)力は、油圧シリンダで計測された圧力を変換することによって判定していました。しかしこれは、モニュメントの負荷を示す指標に過ぎませんでした。さらに、個々のコンポーネントにかかる負荷の値は、ホイフルブランチ(whiffle branch)の長さから得られた力の分布に基づいて計算されていました。

Bucher Leichtbau AG places its trust in the complete measuring chain from HBM.

計算の代わりに計測値を取得する

U10M 高精度力変換器が安全を確かなものに

Bucher Leichtbau社が、これまでの数年間ずっとHBM製の計測技術を信頼してきたのは、HBMが優れた精度と効率性を提供しているからです。中央の油圧シリンダを使用してシステム全体にかけられた力は、直列に接続された U10M 製品群の精密な力変換器を使用して計測します。

さらに、 U9B製品群にふくまれるより小型の力変換器 を追加的に使用して、コンポーネント上の特定の負荷を受けやすい領域や、ドア、ロック、ボルト、コンソール、固定金具など特に関心の集まる領域で、実際に発生している力を直接計測します。

ガレーの変形は、重要な部位に取り付けた 電磁誘導型変位変換器 を使用して計測します。すべての計測データは、処理、視覚化、解析、保存などを行うため、 catman®Easy ソフトウェア を使用して data acquisition system (Spider8 or QuantumX)に同期送信されます。

したがって計測データの取得は非常に信頼性と精度が高く、解析結果を対応する報告書に簡単にコピーすることができます。航空機内への設置の前に、航空機メーカーや最終ユーザー(航空会社)が文書化された試験結果を確認し承認します。

洗練されたコンセプトを採用し、高精度の変換器を使用することで、運転中に発生する力と加速度に試験対象が耐えられるよう保証します。

The Customer

Bucher Leichtbau AG

お客様からの推薦のお言葉

"力変換器を使用することで、格段良くより一層効率的な方法でガレーに働く負荷をの決定をすることができます。 これにより、我々はお客様に対し、 Bucher Leichtbau AGからのガレーの耐空性を確実なステートメントをつけてご提供することを実現させます。"

Thomas Blum, Deputy of Certification Manager, Bucher Leichtbau AG

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。