HBM、新支社によりインドにおけるプレゼンスを強化

  • HBMはインドに支社を設け、国際成長戦略を追求します。
  • 長年の代理店であった「Integrated Process Systems」の買収により、実績ある販売チームの長期にわたるノウハウをお客様に提供できます。
  • インドで急速に拡大しているハイテク製品の需要に応えます。

ダルムシュタット、ドイツ - 2016年8月1日。HBM Test and Measurementはインドに支社を設立しました。これによって、高品質なセンサ、アンプ、およびソフトウェアの供給業者として、インドの成長市場において急拡大している高精度技術製品の需要に応えます。

インドではすでに、自動車産業におけるコンポーネント試験や機能試験、大学、航空宇宙産業、計量技術などの分野で、何千人ものエンジニアがHBMの試験・計測機器の恩恵を受けています。

インドにおける長年の代理店であった「Integrated Process Systems」(IPS)の買収によって、HBMは重要なインド市場において会社の成長を続けるための方針を定めました。「新しい支社によって当社のお客様に2つの利益を提供できます」とHBMの西ヨーロッパ、インド、およびオーストラリア担当営業部長Mike Johnsonは説明します。

「1つは、当社の長年のパートナーであるIPSの実績ある販売チームのノウハウを活用できることです。もう1つは、HBMのグローバル技術拠点の方針策定および製造プロセスと、より密接かつ迅速に連携できることです」

IPSはStephen Pragasamにより1982年に創設されました。15名のスタッフはインド市場において製品とその応用に関する豊富な経験を持っています。「HBM India」と呼ばれる新会社(Spectris Technologies Pvt. Ltdの一部門)の本部は引き続きインドのタミル・ナードゥ州の主要産業都市であるチェンナイに置かれます。セールスエンジニアが所属する各地の拠点によりインド全体をカバーしています。

この数年間、HBMは一貫した国際成長戦略を順調に追求しています。この新しいインド支社によって、HBMは中国やインドなど多数の新興市場を含めた29か国に支社を持つことになりました。ドイツ、イギリス、オランダ、ポルトガル、米国、および中国には、HBMの9か所の開発・製造拠点があります。