トップトランスファ参照用力センサ: 比較計測用トランスファ標準器

トップトランスファ標準器は、物理的限界に近い精度で、最大500 kNの引張・圧縮力を計測します。ラボ間の国際比較、トップレベルの比較計測、群を抜いて高精度の試験装置に使用できます。

HBMのエンジニアが標準品から特殊なセンサであるZ30AとZ4Aシリーズを選び、トップトランスファ標準器シリーズの高品質を保証すべく、さまざまな試験を実施します。そして、トップシリーズの高い技術的要求事項を満足するセンサのみが、トップトランスファ標準器として承認されます。このように、トップトランスファ参照用力センサは、ISO 376で規定された最上位の精度クラス(00)の要求事項を上回ります。特にその比率は最大10倍に及び、圧倒的な繰り返し性を誇ります。

 

  • 精度等級(ISO376): 00
  • 精度等級: 0.015
  • 公称(定格)力: 100 N~500 kN

最高の精度レベル

  • 選ばれたトップトランスファ力センサと物理的限界に近い技術特性により、並外れて高い計測品質
  • 引張・圧縮力におけるISO 376で規定された精度クラス00の要求事項を、特に最大10倍も上回る正確性
  • 校正装置での比較計測において最小の計測不確かさを保証
  • 国際的比較計測に最適

選ばれた高い品質と厳格なモニタリングにより、並外れた高精度要求に適合

高精度な計測チェーン

  • 実務上の要件を満たすISO 376適合のアクセサリが使用可能(ナックルアイ、荷重負荷パーツ(引張力負荷、スラストピース))
  • 高精度計測器DMP41を使用する、センサとデータ収集システムの理想的な組合せ
  • 計測チェーンは、センサ、アンプ、コネクタを一緒に推奨通り校正した場合に圧倒的な精度が得られます。

計測チェーン全体のハイレベルな校正で、一貫して高い計測精度

将来に備えた投資

  • トップトランスファセンサの一貫した高品質を保証
  • HBMの社内EMCラボにて信頼できるEMC試験

高精度な計測結果を数十年にわたり保証することで長期投資を保護

豊富なアクセサリ

  • 各種ケーブル
  • ISO376準拠のスラストピース
  • ISO376準拠の引張力負荷パーツ
  • ナックルアイ
  • 輸送用ケース
  • コネクタアセンブリ(オプション)
  • 校正

詳しくは、データシートをご覧ください。

トップトランスファ技術資料

タイトル/詳細言語
データシート
English
German
Italian
Japanese
設置マニュアル
German, English
Declaration of Conformity
多言語
多言語
見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応