衝撃テストにおける新素材: 軽自動車の製造を支えるHBMのGenesis HighSpeed

自動車は再び発明の時代をむかえています。新たなドライブのコンセプトは自動車製造の革新だけにとどまらず、革新的で特殊な軽量材の利用が重要な役割を果たしています。

ファイバー複合材料 からハイブリッド素材、超高強度金属材料まで、その特長はいずれも旧来の冷間成型スチールよりも軽量という点で、これらの素材を利用することで、より軽い、引いては高効率な自動車の開発・製造が可能になります。

パーダーボルン大学の自動車軽量構造研究所(Institute for Lightweight Construction in Automobiles (LIA)) は 、新素材も含む様々素材による構造研究を行っています。そこでは、性的試験、サイクル試験 、動的試験 を実施し、部品や材料の 検証を行っています。v

In-house Component Crash Test Bench

例えば所内でのコンポーネント衝撃テストがその1つで、最高25m/s、32kJでの衝撃テストを行い、結果を分析しています。

このテストベンチでは、コンポーネントの変形分析、非常にダイナミックで素早いブレーキング負荷、カップリングのテストに利用されます。高速カメラ2台設置して100kHzでデータ収集を行い、一連のテスト結果を分析しています。

衝撃のプロセスを正しく評価し分析するため、取り付け板やスライダ上の応力を計測し、スライダの変位カーブや衝撃スピードを計測しなければなりません。

どんなテストベンチでも、最終的に重要なのは使用するDAQ(データ収集システム)です。自動車軽量構造研究所(Institute for Lightweight Construction in Automobiles (LIA))ではGEN5iシリーズ(DAQ:データ収集システム)を採用し、収集データを記録、分析しています。Gen5iシリーズの利点は、非常に高速なサンプリングレートとデータ安全性、さらにPerceptionソフトウェアによる高速データ処理が挙げられます。

Gen5iシリーズDAQ(データ収集システム)

Screenshot: HBM Perception

GEN5iシリーズDAQ(データ収集システム)はオールインワンのポータブルテストツールです。GEN5iシリーズには複雑な計装タスクに必要なすべてのコンポーネントが含まれています。計測チェーン全体をカバーし、入力アンプ、フィルタとしての機能、サンプリングやトリガの設定、データ処理、分析や計測データの保存までを1台でサポートします。

GEN5iシリーズは、トランジェントや妨害ピークの検出が可能です。最大9ギガサンプルまでの大容量トランジェントレコーダとして、様々なテストデータを簡単かつ高速に記録できます。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。