PMXでEtherCatを使用したTwinCatのデモ

この例は、TwinCatを搭載したPCで、EtherCat masterを動作させ、PMXに接続する方法を紹介します。

はじめに

この例では、一貫性のある(干渉性)データを、EtherCatを介して読み書きを行います。

接続

PMXは、 EtherCatインターフェース PX01EC (スロット 0)と、計測ボードPX878(スロット 1)、PX455 スロット 2 (ひずみゲージ、力センサなど)と PX401 スロット 3 (アナログ信号+/-10V or +/-20mA)が接続されています。

PMXのEtherCatインターフェースボード(PX01EC スロット 0)に、 RJ45ケーブルを使用してPCのイーサネットポートに接続します。

プログラムの起動

TwinCatソフトウェアを開きます。

デバイスを追加するには2つの方法があります。

オプション1: XMLファイルをロード (時間がかかります)

オプション2: メニューバーのアイコンをクリックして、デバイスをスキャン(推奨)

2つのオプションは別々に説明します。(両方のオプションを同時に使うことはできません)

オプション1: XMLファイルのロード

ファイルをロードするには次のパスを使います。

XMLファイルをロードするには、 Device1を右クリックし「Append Box」を選択します。以下のダイアログでPMXをスキャンが出来ていることを確認します。

PMXが、左側の階層に追加された場合、スロットは、各計測カードに割り当てられる必要があります。

以下の画面の通り、スロットの割り当ては、(1)(2)(3)を順番に選択します。

同様の手順で他のスロットも割り当てを行います。

次の手順は、計算されたチャンネルの割り当てです。TwinCATで設定したチャンネル数がPMXのWebブラウザで計算されたチャネルの数に等しいことを確認することが必要です。 (この場合は8チャンネル)

4つの計算されたチャンネルは仮想算出されたチャンネル毎に割り当てられます。

全ての計測カードと計算されたチャンネルが割り当てられている場合の例を以下に説明します。

今のPMX値はシステム設定の周期的データの変数をリンクできます。この場合、Wert 1 (値 1)はVar 66にリンクされている。

変数を選択し「Linked to」ボタンをクリックしてリンクします。

「Activate Configuration」アイコンはデータ交換をします。OKで次に進みます。

測定値を表示したいデバイスをクリックします。「Wert 1」は力センサの値です。

オプション2: デバイスのスキャン(推奨)

XMLファイルはロードしてはいけません。作業を進めるために、ディレクトリの名前を変更する必要があります。このケースは、ファイル「doNotUse」に拡張子を追加しました。

TwinCatデバイス内のスキャン

PMXはチャンネルを探し、計測カードを自動的に追加します。

カードの計測値は、変数にリンクする必要があります。

「Activate Configuration」クリックして、データ交換を開始します。

OKをクリックして次に進んでいきます。

計測値が表示されます。

免責事項

この例は、EtherCatを介して BeckhoffのTwinCatソフトウェアにPMXを統合する内容を説明しました。ここに記載した事例は、お客様にご参照いただくためのものです。いかなる形でも、保証や賠償の対象にはなりませんので、ご了承願います。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。