PMX:インクリメンタル ロータリエンコーダシュミレーション

一部の機能ブロックは、2トラックとゼロのインデックスを持つ、デジタルインクリメンタルロータリエンコーダをシミュレートすることを可能にします。変位や角度の値は、入力信号として使用されます。

はじめに

以下のデジタル信号は、信号sから導出されています。

例;sはmmの変位または度の角度です。分解能aは、出力信号の正確に一つの周期で、sと同じ単位を有する。

この方法は、s負の値をサポートしていません。

信号はPX878のプラグインカードのデジタル出力を介して出力されます。電気的特性は、約1 kHzの最大周波数を制限します。

手順

まず、解像度aの1/4はトラック1との間の所望の位相シフトを取得し、2を追跡するのに追加され、周期性が(=分割秒/αの剰余)ブロックを法によって生成されます。このようにして生成された信号は、周期aと値0の範囲を持っています。

最後に、トリガーブロックは、a/2との比較を通して、デジタル信号(フラグ)を生成します。

この例では、変位エンコーダ0〜100 mmのは、sを提供します。

解像度は1 mmです。一定の信号a/ 2およびa/4提供します。

位相シフト:s1 = s + a/4

余剰ブロックは、「Track 1」「Track 2」のために周期的な信号を出します。
除数は、このケースで(解像度a)1 mm単位です。

トリガーブロックは、Flagに周期的な剰余信号を変換します。出力「Track1」が 入力 mod(s1) 0と a/2の間であれば、剰余信号を変換します。

Flag 02出力は「Track 2」

ゼロスケールマーク(Flag03)は、sは0とa/4との間にある場合

デジタル出力1 (Track 1, Flag 01など)のFlagの出力

Output 2 = Flag 02, Track 2:

Output 3 = Flag 03, ゼロスケールマーク:

ヒント

PX878の出力特性

出力の電気特性を観測することが必須です。 周波数は1kHzを超えないようにしてください。10〜30 Vの出力電圧が外部から供給される必要があります。ハイサイドドライバが関係しており、必要に応じてプルダウン抵抗をGNDに接続します。または差動出力が設定されます。EIFが必要です。

作動出力

差動出力が必要な場合、Flag(フラグ)を2つのデジタル出力に並列に割り当てる必要があります。
2番目の出力は反転されています。これで出力の数は2倍になります。ここでは、Flag 01が、反転した出力2に割り当てられていました。

出力の更新レート

標準のデジタル出力は、2.4 kHzで更新されます。出力は「パルス幅(jitter)が変わるべきで、速度が増加されるべきです。

これの設定は、「Settings」 -「System」 -「Device」 -「System Options menu」の順で行います。まず、内部データ転送レートを大きくし、その後「Update Rate f. Limit, Dig. I/Os 」も大きくする必要があります。システム負荷を監視する必要があります。

参考:

例: CODESYS デバイスの仕様に応じて、更新レートを高めなくてもよい。

入力信号が負の値を有する場合には、解像度の定数倍で、sは常に正となるように加えることができます。(EGS= s_original+1000)

アンプの設定で「ゼロ値」とは、別のオプションです。この値は、正の値になっていることで、測定値が有効になります。

The shifting of the measured value does not impact on the periodic modulo functions, however, the switching thresholds of the zero scale mark need to be adapted, if necessary.

免責事項

ここに記載した事例は、お客様にご参照いただくためのものです。いかなる形でも、保証や賠償の対象にはなりませんので、ご了承願います。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。